自分が欲しいことを相手に与えると人間関係がきっとよくなる♪

職場や家庭でも人間関係がうまくいかない時、とても辛いですし落ち込みますよね。「相手の気持ちがわかることができたらいいのに・・・」と考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、相手にまず自分から与えることで関係がよくなっていける考え方と方法についてご紹介したいと思います。


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

先日、淡路島に住む友人から
たくさんの玉ねぎをいただきました。

淡路島の玉ねぎ、
甘くて本当に美味しいですよね!
大好きです♪

彼女とは趣味の読書を通じて
6年ほど前に知り合いました。

お互いにオススメの本を教えあったり
本を交換して感想を話し合ったり・・・

リアルな生活から少し離れて
自分の好きなものに夢中になれる大切な時間です^^

今回、届いた本は『十二国記』という
中国風異世界を舞台にしたファンタジー小説でした。

最近6年ぶりに続きの新刊が出たと聞いて
「愛されている作品なんだなぁ」と気になっていた私には
すごくタイムリーな本でした。

1巻、早速読み始めましたが
もう、心が痛い・・・

(『十二国記』を読んだ方なら、今きっと頷いてくれていると思います!)

誰にも嫌われないように、目立たないように
自分を抑えて生きてきた主人公が
突然異世界に連れ去られ
更に辛く厳しい環境に置かれます。

過酷な環境と裏切りにあいながら
これから彼女がどうなっていくのか・・・

ハラハラして見守りながら、読み進めているところです。

きっと友人は、私がどんなふうに楽しむのかなと
いろいろ想像しながらこの本えお選んで
送ってくれたんでしょうね。

じゃあ、私はどんなふうにこの本の感想を伝えようかなって
更にワクワクしちゃいます♪

そんなことを考えているとふと思い浮かんだことが

「自分が欲しいものは、相手も欲しいもの。だからまず自分がそれを与える」

という橘の言葉でした。

日常生活で心の学びを生かしながら
ワクワクできる日々を送っていきたいですね♪

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

まずは自分がそれを与えるの記事はいかがでしたか。人間関係を苦手ではなくて得意にしたい、関係をもっとよくするための考え方を学びたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ