不安や怒りは見方を変えると感情をコントロールできる♪

相手にイライラしたり怒りを覚えた時、後から自分がとても疲れていることに気づく時がありませんか?自分の感情をコントロールできると生きるのが楽になりますよね。今回は、過去の辛いことや怒りや不安を考え方次第で帰ることができたという会員さんのお話と一緒にご紹介したいと思います。


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

前回、橘の記事で

「古事記にでてくる天照大神もひきこもりだったの知ってる?」

というお話がありましたね。

あれから私も神話ブームがきておりまして
古事記やギリシャ神話とかを図書館で借りて読んでいます。

読めば読むほど本当におかしくて
驚きの連続です・・・(笑)

めちゃくちゃな神様たちに
時々「もー!」って呆れながら
ふと会員さんのお話を思い出しました。

「もうこの人なんなのー!?」

と相手に怒りが湧きそうになったとき

「この人、本当めっちゃくちゃやなー!」

という言葉が会員さんの頭に浮かんだ瞬間、

怒りが笑いにパッと切り替わったそうです。

「相手のことを愛おしく感じてスッと受け入れることができました」

と仰っていましたが、
これってすごい気づきですよね☆

自分が相手のことをどう捉えるかによって
イライラする話にもなるしお笑い満載のギャグ話にもなってしまう。

そういえばお笑い芸人さんも
失敗談や愚痴みたいなことを
笑い話に切り替えてしまいますよね。

辛いことを全て笑い話にしてしまうことは
もちろん難しいと思います。

でも、物事の捉え方は自分自身でどうにでも自由に変えられる、
ということを覚えているとまた少し人生が変わってくるかもしれません。

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

文章

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ