本当に重要なものは体感して理解するのに5年かかる!?

たまたま自分が残した5年前の読書メモを見つけた時、それを読んで思ったことは「言っていること・重要だと思っていること」は正しくても、肌感覚で理解できているかというとそうではないな、ということでした。今回は本当に重要なものは体感して理解するのに時間がかかることについて話したいと思います。


おはようございます、
橘心理サロンの平井です。

この前、たまたま自分が残した5年前の読書メモを見つけました。

それを読んで思ったことは、

「言っていることは今それを読んでも100%正しい。
 でもあの頃の自分は今の自分に比べて
 10%もそのことについて理解していないなー」

ということでした。

言っていること、重要だと思っていることは正しい。

でも、今思うと肌感覚で全然わかっていないんですよね。

つまり私が本当に重要だと体が感じるまでに5年かかったということです。

ちなみにその本は大切だなと思って1年に1回は通しで読んでいるので、
沢山線を引きながら「大切だな」と思いながら、
私は4年目までよくわかってないということになります(笑)

それ関連して、最近ある友人がこういうことを言ってきました。

友「タピオカ屋って今簡単に始められそうだし、やろうかなと思ってる。平井はどう思う?」

それに対して平井

平「ミスドが始めた時点で、もう逆に撤退タイミングだと思うよ。ブームが去った後どうするの?」

友「いや去った時にすぐ辞めればいいんだよ」

平「体はそんなに早く動かないんだけどなぁ。。。。」

アサイーブームで上場したフルッタフルッタの今の財務諸表を見ておくといいよって伝えておきましたが、

でも色々話しながら、さっきの読書の話と同じように、
こういう肌感覚って言っても伝わらないんだよなーと思っておりました^^;

なんか本当の心のトレーニング好きだけで、
そういう心のトレーニングのコアな感覚が学べる塾みたいの
できればやりたいなといつも思っているんですが、
マニアック過ぎて需要なさそうですね(笑)

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。
それでは今日も張り切っていきましょう♪

本当に重要だと体が感じるまでに5年かかったの記事はいかがでしたか。人生をもっと豊かに生きていくための心のトレーニングについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ