「完璧でなければいけない」という心の縛りに気づいていますか?

仕事や家事や趣味など、なんでも完璧にやらなくては!とついこだわりすぎていませんか?完璧にしなくてはいけないと思えば思うほど、緊張や恐怖を感じていませんか?実は、それを自分自身で心を縛っているのです。今回は完璧にしなくてはという心の縛りから解放する考え方についてお話したいと思います♪


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

先日、ピアノのレッスン中に先生から
「向井さん、緊張してる?」と聞かれました。

私としてはやっぱり毎日練習してきていますし
「ちゃんと弾きたいので・・・」と答えると

先生が、

「身体に力が入っているけどピアノを弾くの怖い?」

と続けて聞かれて、思わずドキッとしてしまいました。

「前回指摘されたところが完璧に弾けるかな?」
「指が止まらないように弾けるかな?」

そんなふうに間違いなく
きちんと弾けるかどうかが気になって
緊張というよりも、
恐怖になっていたかもしれません。

落ち込んだ私に先生が話してくれたことが、

「向井さんの思ったように表現して大丈夫だよ。
 
 楽譜通りとか私の言う通りに弾くと
 全然楽しくないし、面白くないでしょう?

 だから、力を抜いて自由に弾いてみてね」

ということでした。

完璧とか、きちんと、とか
そういうことにこだわるのではなくて

「自由に感じて表現すること」を
楽しむ時間にしていくこと。

それが私には必要なんだなと感じました。

ホッとするのと同時に
そういえば心の学びも同じだと気づきました。

「完璧じゃなくて大丈夫、自由に感じて大丈夫」

メールマガジンでもよく話していますよね。

私自身は「最近の私、出来てきてるー」なんて思っていましたが
そうではなかったですね(笑)

思いっきり自分で自分を縛りつけていました^^;

でも、こんなふうに日常の中で
無意識だった「心の癖」に気づくことができて
本当によかったなー、ラッキー♪と思います。

心の学びに終わりはない、という言葉が
また少しわかったような気がして嬉しくなりました。

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

完璧じゃなくて大丈夫の記事はいかがでしたか。日常の中で気軽に心が学べる心のトレーニングについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ