大変な日々がすっ飛んで、 幸せを噛み締めている自分がいます!

乱暴で口が悪く、手が付けられなかった子に困っていた会員さん。CD講座で心を学びながら愛情を持ち続けて接していかれました。今回は、その子からの嬉しいサプライズに幸せを感じたという会員さんのお話をご紹介したいと思います♪


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

今回は、職場であった幸せな出来事について
会員さん・アイリスさんのお話をご紹介したいと思います。

***

この春でクラス替えのため、
お別れの日を迎えました。

半年前、私が仕事を始めた頃、
乱暴で口が悪く、手が付けられない子がいたのですが

それがなんと、その最後の日に、
自分から進んで(私達は全く指示していません)
みんなの机の中に忘れ物がないか点検し、掃除を始めたんです!

それが終わると、私に
「まだ帰らないで待っててね!」と言って
おもむろに家から持ってきた紙袋を持ち出して、
私達スタッフに並んで欲しいと頼むんです!

そしたら、紙袋から1つずつプレゼントを取り出して、
1人ひとり手渡して
「1年間、ありがとうございました!」
と深々とお辞儀をして行ったんです!

そのプレゼントというのが素敵で、手作りの折り紙工作でした。

https://makeyousmile.info/mgimg/airisusannotakaramono.jpg

(アイリスさんが送ってくれた写真です♪)

1日で簡単に出来るような品ではありません!
それをスタッフ7名それぞれに作ってくれていたんです!

私、手渡してくれた時、思わずその子を抱きしめて、
「あんたは素晴らしいよ!最高にいい子だよ」
って叫んでしまいました!

それまでに起こった大変な日々がすっ飛んで、
幸せを噛み締めている自分がいます!

子供はたった半年で
あんなにも大きく成長するものなんですね!

この仕事に就いて本当に幸せを感じています!

これからも頑張るぞ!(^o^)

***

アイリスさん素敵なご近況ありがとうございました!

こちらのお便りを拝読した後、心がとってもほっこりしました^^

ご紹介した写真も見ていただけましたか?

こちらの折り紙工作の作り方は複雑でしょうし、
大変だっただろうなーって想像できますよね。

ひと折りひと折に
気持ちが込められているんだなぁ、とか^^

アイリスさんに抱きしめられたお子さんも
すごくすごく嬉しかったでしょうね!

変わることができたお子さんももちろん素晴らしいですが、
アイリスさんたちが愛情を持って接し続けてきたことも
心を開く大きなきっかけになったのだと思います。

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

職場で愛情を持って接することを心がけているアイビスさん素敵でしたね。家庭や職場の人間関係を今よりもっと円滑にしていくための心のトレーニングについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ