日常生活で心と身体のバランスが上手にとれる考え方

日常生活の中では仕事や人間関係など、様々なバランスをとらなくてはいけません。どれも成していこうと思うと、執着する事と執着しない事のバランスが必要になってきます。今回は上手にバランスをとっていくための学びや考え方についてお話していきたいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

昔、執着する事と執着しない事のバランスを考えたことがありました。

仕事や何かを成したいと考えた時って執着しないと結果がでません。
例えば職人さんというのは作品に対して執着して事を成しますよね。

でも人間関係というのは執着しないほうがうまくいきます。
人生も何かに執着しないほうが幸せですね。

仕事と家庭、人生の幸福と自分の成し遂げたいこと。
そういうことのバランスはどうしたものか。

結果をいうと時間をかけて自分にとって良い塩梅が獲得できたのですが、
その時思うことはこれは身体で学んだということなんですね。

きっかけはうまく行かなくて悩んだということだと思います。
悩んで考えても身体がうまく動かない(バランスがよくわからない)。

クライアントさんと話していてもそうなんですが、
悩んでいる時って、頭でわかっていても体が動かない(バランスがわからない)んですよね。

そこをどう克服していくか。
橘のセミナーやセッションで重視しているのはまさにそこですね。

頭だけじゃなくて身体の動きを意識して学ぶ。
やっぱりこれって凄く大切なことだと思いますね。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

頭だけでなく身体の動きを意識して学ぶの記事はいかがでしたか。心のバランスをうまくとって楽に生きるための学びについてもっと知りたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ