日常生活の中で前向きに考えることができるようになる方法とは?

「少し前までプラスの言葉がよくわからなかったんです」という会員さん。しかし、諦めずにCD講座を繰り返し聴き続けていたある日、ある考え方に切り替えてから感情もプラスになるのを実感できるようになれたそうです♪今回は、会員さんのご近況シェアから前向きに考えることができる方法についてご紹介したいと思います♪


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

先日、CD講座の会員さん・Aさんとお話している時に

「プラスの言葉って最初よくわからなかったんですけど
 最近は感情もプラスになるのを実感できるようになってきました♪」

と、ご近況をシェアしてくださりました。

というのも、Aさんは
これまでプラスの言葉がどういうことなのか
CD講座や本で学び、頭で理解できていました。

でも、日常生活の中ではそれらを聞き逃していたり
気づいても「そんな簡単にできるわけがない」と思っていたそうです。

橘のプラスの言葉にも
「それは橘先生だから出来たんでしょ?」と。

けれど、諦めずにCD講座を聞き続けていたある日。

なにげなく見ていたテレビ番組の中で
ある歌手のインタビュー映像が流れました。

「失敗した時は落ち込むんじゃなくてワクワクしてみる。
 ワクワクすると失敗が楽しくなってくる」
という歌手の言葉に対して

これまでのAさんなら
「成功した芸能人だからそう思えるんだ」と聞き流したと思いますが、
この時は頭に引っかって、どうしても気になり仕方なかったのだそうです。

「どうしてこの人は失敗を前向きに考えられるんだろう?」
「失敗にワクワクできる考え方ってどんなふうにすればいいんだろう?」

そこでAさんが気づきました。

「そういえば、橘先生もテレビや本でプラスの言葉を見つけたら
 どういう意味か考えて、自分のものにしてきたんだなぁ・・・」

今まで聞き流してきたプラスの言葉を自分のものにしていけば
芸能人や橘でもない「自分自身」も変わることが出来るんだ!

と思ったのだそうです^^

「それからは、世界が変わって見えました!」と
嬉しそうに話すAさん。とてもキラキラしていて素敵でした。

他の会員さんからも
「橘先生だから変われたんですよね・・・」
という声をいただくことがありますが

Aさんのお話を聞きながら
「人は誰しも変わることができる」
改めてそう確信することができました^^

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

日常の中でプラスの言葉に気づけるようになれたAさん素晴らしかったですね。着実に前向きに考えられるための心のトレーニングについてもっと知りたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ