「見て、観察して、学ぶ」で成長スピードが変わってくる♪

知識については全部知っていても、実際に体験してみると実はわかっていなかったことがあることに気付くことがあります。体験して、見て、観察して学ぶことで自分自身の成長スピードもかなり変わってきますよ♪今回はセミナーの参加者の方のご感想と一緒にお話していきたいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今年行われたセミナーの参加者の方がこういうことを言われました。

ーーー
私は今回のセミナーは、知識については全部知っているし、
卒業のための答え合わせのために来たつもりでした。

でも、セミナーに参加したら、不思議なことに
今までできなかったことができるようになったし、
それがこの一週間の間に立て続けに起こったのです。
ーーー

それを聞いて、あるドラッカーの言葉を思い出しました。

「技能については話し言葉でも書き言葉でも説明できない。
やって見せるしかない、したがって技能を学ぶ唯一の方法は、
徒弟修行を経て経験を積むことしかない」

どうやら知識には説明できるのものと、できないものが存在するようです。

日本というのは元々、職人の世界ではありませんが、「見て、観察して、学ぶ」というものが主体でした。

確かにそれだけでは効率が悪いので、企業でも、講義形式で、知識を学ぶということが行われるようになりました。

でも、それだけでできるようになるかというと、それも違う。

やっぱり、できるようになるためには、
言葉にできない部分を「見て、観察して、学ぶ」ということが必要になってくるのです。

この言葉にできない部分を、いかに大切にするか。
それで成長スピードは大きく変わってくると思います。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

言葉にできない部分をいかに大切にするかで成長スピードが変わってくるの記事はいかがでしたか。人生をさらに豊かにする心のトレーニングについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ