どんな状況でも心は自由に決められる♪

日常で嫌なことや辛いことが起こった時、私たちは「どうしてこんなふうになったんだろう」と落ち込むこともできますし、周りの人や今の状況の中から感謝を見つけていくこともできます。今回は入院中で身体が不自由でも心は自由にコントロールすることができると気づいた会員さんのお便りと一緒に、自分らしく生きるヒントをご紹介したいと思います。


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

「あの人ってなんかいつも楽しそうだなぁ」って思う人、周りにいませんか?

私は羨ましいなーと思うのと同時に
「なんで私はそうじゃないんだろう」と悩んだことがありました。

でも、そういう人を観察していてわかったことが、
楽しそうな考え方や行動をどんどん起こしているということでした。

楽しいことを待つのではなくて、
自分から行動を起こして楽しいことを引き寄せているんですね。

積極的になにかすることは最初の勇気が少し必要ですが、
そこから一歩踏み出してみるとワクワクできる世界がどんどん広がっていくと思います♪

では今回は、他者ではなく自分で自分に栄養を与えて
なりたい自分に変わっていきたいです!
という
会員さん・山姥さんからのメールをご紹介したいと思います。

***

橘先生、スタッフの皆様
何時もメールをありがとうございます。

気づきを得られたり、励まされたり、
心にたっぷり栄養をいただいています。

今は入院して2週間です。
体を動かすと痛むので自力では何も出来なくなり、
今は投薬のお蔭で病状が改善されつつあります。

感謝できることを探すこと。
こんな状態だからこそ大事だと思えます。

橘先生の以前のメールに、
成長できるだけの栄養を自分にあたえるという文章を再読して、
本当に栄養不足だったと再認識しました。
その栄養を他者から得ようとしていたことも。

今こそ、一万回ありがとうということを実践して、
自分に自分で栄養を与えて、
これから、なりたい自分をイメージして、
小さなことから意思を持って選択しようと思います。

CDで教えていただいたことも、
実践出来ていないことばかりなのですが、
向きを変えることの意味が腑に落ちました。
ありがとうございます。

これからもメールを楽しみにしてます。

CDの学びもできることから、
実践していきますので宜しくお願いします。

***

山姥さん素敵なメールありがとうございました!

身体が自由にできない状況でも、
自分の心はどこまでも自由にコントロールできる
ということを
山姥さんからのメールより気づくことができました。

「どうしてこんなふうになったんだろう」と落ち込むこともできるし
サポートしてくれる周りの人や今の状況の中から感謝を見つけていくこともできる。

この違いは、自分の気の持ち方が随分と違ってきますよね♪

CD講座やメルマガでの学びをきっかけに
日常生活の中でいろいろ気づいたことは、
心の奥深いところに染み込んで、自分のものに必ずなっていきますよ^^

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

自分の心は自由にコントロールできることに気づいた山姥さん素晴らしかったですね。自分らしく生きるための心の学びについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ