幸せな未来の自分をイメージをすると人生がうまくいく♪

私達の行動原理は「痛みを避けて快楽を得よう」とします。でもそれを必要以上にやり続けると痛みは減るかもしれませんが、人生に変化は起きないままなのです。今回は、最初のどん底状態からどんどん良くなっていったクライアントさんたちの共通点をご紹介しながら、人生がうまくいくために必要なものについてお話したいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

この前、エピジェネティクスという新しい細胞分野についての本を読んでいました。
その時に凄くストーンと落ちたことがあるので、紹介します。

私達の行動原理というのは橘が言っているように
「痛みを避けて、快楽を得る」
ということなのですが、

その本によると、
細胞は「痛みを避けて(不安や恐怖から逃れようとする)」と
「快楽を得る(ワクワクする、成長や何かを達成しようとする)」ということは
生命の本能として両方大事なのだが、同時には動かず、ここが大切だと思ったのですが、

ーーーーー
「痛みを避けて(不安や恐怖から逃れようとする)」を必要以上にやり続けると痛みは減るかもしれないが、細胞のエネルギーが落ち続ける。
ーーーーー

ということだそうです。
これ経験則的に凄く感じるものがありました。

自分のこともそうですし、クライアントさんの人生を見ていても、
「痛みを避けて(不安や恐怖から逃れようとする)」の部分は一時的には大切なのですが、

それを人生の第一にしてやり続けても幸せになれない。

逆にエネルギーが落ちる。

上手くいっているクライアントさんを見ているどこかの時点で、
最初はどん底にいたとしても、「痛みを避ける(不安や恐怖から逃れようとする)」モードが
「快楽を得る(ワクワクする、成長や何かを達成しようとする)」モードに切り替わっています。

橘がセラピーやカウンセリングでやっていることって、
やっぱりそういうことで、その人の人生の中で、それが切り替わるスイッチを一緒に探している。

そうすると、表情が変わり、行動が変わり、エネルギーが生まれていく。

「幸せな未来の自分をイメージをすることが自分にとっての最高のプレゼント」

なんて橘が言っていましたが、なるほどなぁと納得した一日でした\(^o^)/

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

幸せな未来の自分をイメージすることが自分にとっての最高のプレゼントの記事はいかがでしたか。未来を幸せにするための心の学びについてもっと知りたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ