本気で人生を変えたいのなら「どうなりたい?」を最初に考える

人生を変えたいと思ったとき、まず最初に私達は問題ばかり考えてしまいます。本当に自分自身や人生を変えたいのなら、「なんでこんな○○なんだろう・・・・」と問題点に注目するのではなく、「自分はこれからどうなりたい?」を最初に考えてみることから始めてみるといいかもしれません。今回は人生を変える考え方のヒントをご紹介したいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

最近、友人に紹介された「スターバックス成功物語」という本を読んでいました。

これはみなさんもご存知のスターバックスがどうやって今のような大きな会社になっていたのか
中興の祖であるハワード・シュルツさんが書かれた本なのですが、とてもスリリングで面白いです。

その中で特に印象に残ったのが、彼が引用している言葉でした。

存在するものだけを見て「なぜそうなのか」と考える人もいるが、
私は存在しないものを夢見て「なぜそうでないのか」と考える。

ジョージ・パーナード・ショウ

彼がやってきたということはまさにそういうことでした。

元々のスターバックスというのは、アメリカシアトルにあるコーヒー豆を販売するのみ形態の会社だったのですが、

彼はこんな最高のコーヒーがあるのだから、シアトルにだけあるのはおかしい。
なぜそうなのか。ということを考えたそうです。

彼の中にはアメリカ中に(世界中に)広がるスターバックスが見えたということです。
そこから、「なぜそうでないのか」と考える

これって私達ついやってしまう事の逆だと思いませんか?

まず最初に私達が見てしまうのは、問題ばかり。

例えば、
「わー私ってなんでこんな性格なんだろう・・・・」
というところから始まってしまう。

でも大切なのは、<存在しないものを夢見て「なぜそうでないのか」と考える。>ということ。

最初に夢(ビジョン)がある。問題解決が終わったあとに、夢があるのではなくて。
夢があってそのために問題解決があるということです。

これは似ているけど、全然結果が違うことになると思います。

だから大切なのはきっと、最初に考えるべきことは、何を解決したいかじゃなくて、どうなりたいか?
なんですよね^^

そこに意識がいけたとき、あなたの人生は大きく変わり始めると思います。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

最初に考えるべき大切なことは『どうなりたいか?』の記事はいかがでしたか。これまでの人生を大きく変えていく心の学びについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ