ネガティブな人もプラスの言葉を付け加えるだけでポジティブになれる♪

出来るだけプラスの言葉ばかり使いたいですが、仕事や家事や子育てなどで忙しない日々を過ごしていると無意識のうちにマイナスな言葉を使っている時もありますよね。でもネガティブな感情を我慢して無理やり前向きになろうとするのもしんどいです。今回はマイナスな言葉を言った後にプラスの言葉を付け足すだけで前向きに切り替えることが出来る方法をご紹介したいと思います。


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

言葉には不思議な力があります。

マイナスの言葉ばかり使っていると落ち込みますし、、
プラスの言葉を使っていると嬉しい出来事が起こります。

出来るだけプラスの言葉ばかり使いたいですが
気づかないうちに、ふとマイナスな言葉を使っている時もありますよね。

今回は、CD講座の会員さん・ポピーさんのご近況メールから
素敵なアイディアをシェアさせていただきたいと思います。

***

仕事の忙しさから毎日が目まぐるしく、時間がどんどん過ぎて行きます。

職場のトイレの個室で、ふいに『疲れ…』まで、言いかけ
(いかんいかん!疲れてない!)と訂正し、翌日また同じ個室で
『疲れた!』とつぶやいてしまい!
いかんいかん!

しかし、本能でつぶやいてしまう。
まだまだメンタルの修行が足りないな、さすが本番!

さて、疲れた。を言わない習慣が身に付くまで、どーしよう?

そこで、別の方法を考えた。

ヨシ!ここは一つプラスの言葉を足してみよう!

という事で、今週からの私は

『疲れた。でも楽しい♪
『疲れた。と見せかけてワクワクしてる!

と言葉を変えてます。

いずれ自然と『疲れた』のフレーズが消えるよーに。

***

ポピーさん素敵なお便りありがとうございました!

『疲れた。でも楽しい♪』
『疲れた。と見せかけてワクワクしてる!』

というふうに、マイナスの言葉の後にプラスの言葉を足してみるというチャレンジです。

私も普段の生活の中でこれを意識しながら試してみました。例えば、

「夕飯を作りたくないなぁ。でも美味しいものを食べると幸せになれる♪」
「掃除するの面倒だなぁ。でも部屋が綺麗だと居心地が良くなる♪」

こんなふうに家事にも置き換えることが出来ますね。

不思議なことに、この一言付け加えるだけで
「やりたくない」「面倒」というネガティブな気持ちから
「よし、やるぞー!」とワクワクに変わってとても驚きました。

そして、マイナスなことを言ってしまったなぁという気持ちから、
大丈夫、次に行こう!と前向きに上手く切り替えることも出来ました。

『+プラスの言葉作戦』、素晴らしいです♪

皆さんもどうぞ試してみてくださいね^^

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

プラスの言葉作戦のチャレンジ中のポピーさん素晴らしかったですね。落ち込んでも次に進めていける前向きな心をトレーニングする方法をもっと知りたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ