「ピンチ」を「チャンス」に変えて人生を前向きに捉えていく♪

人生の中でピンチの場面に何度も遭遇します。仕事や家庭、人付き合い、外出先と様々な状況で起こる「ピンチ」。そこで落ち込み諦めてしまうパターンが今まで多かった方も、この「ピンチ」を「チャンス」という言葉に変えるだけで気持ちが前向きに取り組むことが出来るようになりますよ。今回は、苦しい今だから学びのチャンスだと気づきましたという会員さんのお便りから、ピンチをチャンスに変える考え方をご紹介したいと思います。


おはようございます。
橘心理SALONの向井です。

人生の中で、ピンチの場面に何度も遭遇します。
仕事や家庭、人付き合い、外出先と様々な状況で起こる「ピンチの時」。

私はピンチに陥るたびに落ち込んでいました。

けれど、橘の「ピンチの時こそチャンス!」の言葉で
ピンチをチャンスに変える考え方を知り、どんな場面でも少しずつ前向きに捉えられるようになりました^^

例えば「ピンチ」と思った時に「チャンス!」と声にだして変えてみる。

それだけで焦る気持ちよりも「乗り越えてみよう」という気持ちの方が上回ります。
是非試してみてくださいね♪

それでは今回は、今が学びのチャンスです!という会員さん・ハルさんからの
前向きなお便りをご紹介したいと思います。

・実際のお便りはこちらになります。

https://makeyousmile.info/mgimg/manabinochance.jpg

***

「決断」をしっかりと心に刻み、1日1回「今、何が幸せか?」と
自分に問う事を実行してみています。

教えていただいた「妄想と現実を分ける意識を持つ」も
今からすぐ実行していきます。

「大丈夫、乗り越える方法はたくさんある」と言って頂き
前向きな気持ちがどんどん湧いてきています。

私は土台がグラグラしていて何かが起きたら大きな不安に襲われます。

15年前、両親と絶縁をして(今は年1回なんとか会っています)
それから私には頼れるものは何もない、甘える存在もないのだ、と怖くなるのです。

両親の望む通りの人生を生きてきた自分に気がつき、距離をおきました。

年の離れた長兄は両親よりも私を怒鳴り叱りとばす人で
両親やちょう系に認められようと必死に生きてきました。

距離をおいた事でなんとかなったつもりでいたのですが、
根本的な解決にはなっていなかったのですね。

1年前、仕事で大きなストレスがかかり眠れなくなり食べられなくなり、
自分としては何としても続けるつもりだったのですが
ドクターストップがかかり退職しました。

仕事を辞めたら元気になれると思ったのに1年たった今も弱ったまま
少しの出来事で動揺し、胸がきゅーっとしめつけられる。
そんな私になってしまいました。

今の自分が本当に嫌で、早く昔の元気な自分に戻りたいって日々焦ってしまうのですが、
今、これが、学びのチャンス…なのですよね。

これがきっかけで橘先生と出会うことも出来たんですものね!!

3枚目のCD楽しみです!!

***

ハルさん素敵なお便りありがとうございました!

1日1回の「今、何が幸せか?」の問いかけを続けられているとのこと、素晴らしいですね。

そして、辛かった過去の記憶で今も辛い思いを抱えられている方は
本当にたくさんいます。

今もこれからもずっと落ち込み続けるのも、
ピンチの時こそ変わるチャンス!と捉えることも
本人の自由だと思います。

ただ、ピンチをチャンスに変えて前向きに取り組むことにより
少しずつ乗り越えていけると思いますよ。

あなたにとって、今日が大切な日となりますように。

ピンチの今こそ学びのチャンスだと気付いたハルさん素晴らしかったですね。人生のピンチをチャンスに変える心の学びについてもっと知りたい方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ