人生の選択をベストにすることが出来る考え方とは?

人生は選択の連続です。小さなものから大きなものまで決断すべき時が来ますが、迷って前に進めないなんてことよくありますよね。どうして私達はその時、決断できないのかというと「その選択の結果、何かを失いたくない」 ということが第一なのです。今回は選択することが出来るようになる考え方のコツをご紹介したいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

前回の記事で、人生の選択する時に、
「人生はトレードオフ(片方を得る時に片方がなくなる)ということを知っていると選ぶのが楽になるよ」
ということを書いたら、

「もっと平井さんが言っていた人生のトレードオフの話聞きたいです。」
と仰られた方がいました。

ということで今回はそのことについて書こうかなと思います。

人生は本当選択の連続。

迷っていて前に進めないなんてことよくありますよね。

なんで私達はその時、決断できないのか、ズバッと選べないかというと、

「その選択の結果、何かを失いたくない」

ということが第一だと思うんですよね。

例えば、親のことが嫌いで実家から出たいと思っているとする。
(これは会社でもなんでも良いですね。)
親のことは嫌。でも、そこにいればある意味守られているわけですから、どこか現状の安心感があるわけで、ずっとそこから抜けられないで10年、20年たつなんてことはよくあることだと思います。

その時心の底で思っていることは、

親のことはすごく嫌。でも独り立ちするのは不安だ。なんとか不自由せずに、親とは離れたい。

これが、会社だったら、

今の会社は嫌。でも失業するのは嫌。なんとか失業せずに今の会社を離れる手はないか。失業せずにお金を稼ぐ方法はないか。

人間、両取りしたいですから、こういうことを悶々と考え続けるんですね。
はい、私も両取りしたいです(笑)

でも、そういうことってなかなかありませんから、結局決断できずに、10年、20年と時が経ち続けます。

でも人生がトレードオフだと知っていると、選択するのがずっと楽になるんですよね。

「嫌な親と離れられるんだから、全部自分でやらなくていけないのは当たり前だな」
「嫌な会社から離れられるんだから、一時的に失業するのは当たり前だな」

両取りしたいと思わなければ、選択するのが楽になるし、ある意味、今の状態にもOKを出すこともできる。

自分でそういう人生を選んでいるんだなって。

そうやって生きていると段々と人生が軽くなります。
これってある意味、自分の欲を手放すってことなのかもしれませんね。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。
それでは今日も張り切っていきましょう♪

自分の欲を手放すと選択するのが楽になるの記事はいかがでしたか。決断することが楽になって人生がもっと自由になる心の学びについて興味のある方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ