誰でも完璧じゃないから人間は面白い!

前回の記事で「部下が成長してくれない、どうしたらいい?」という経営者のクライアントさんからのご質問に対して、やり方にこだわらないことを提案しました。今回も引き続き、部下のマネジメントがもっとうまくいく考え方のヒントをご紹介したいと思います♪


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

この前会社を経営されているクライアントさんから
「部下が思ったように成長してくれない。どうしたら良い?」
というご質問をいただきました。

なるほどですね。

そういうご質問をされているくらいですから、沢山の社員教育を図られたのでしょう。もちろんその後社員さんがブレイクすることも考えられますね。

ただ、そういう時は出来れば配置転換をした方が良いのではないでしょうか。

……というのでもですね、

私自身のことを考えても、未経験や食わず嫌いは別として(そのために社員教育はある)、苦手なものは社員教育されても、いって普通ぐらいで、得意にはなかなかなりませんから。

例えば、私は

・部屋の掃除
・車の運転
・細かい経理的な仕事

が苦手です。

よって、私に

・掃除担当係
・タクシーの運転手さん
・細かい経理事務

をやらせると、お互い不幸になると思います(笑)

でも逆に得意なことなら、楽しく仕事すると思います。

しかし、それでもやらせなくてはいけないのなら応急処置だけして、ある程度割り切るしかないんじゃないでしょうか。

みんな凸凹。私もあなたも完璧じゃない♪

それがわかるとマネジメントも楽しくなりますよ^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

誰もが完璧ではないことがわかるとマネジメントが楽しくなるの記事はいかがでしたか。人間関係を円滑にするための学びをもっと知りたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ