思い通りにならない時こそ、やり方にこだわらない方がいい!?

経営者のクライアントさんより「部下が自分の思い通りに働いてくれなくてイライラします」というご相談がありました。CD講座で相手とのコミュニケーションについてたくさん学ぶことができますが、もしかすると部下の働き方にこだわっているからイライラするのかもしれません。今回はこの問題を解決するための考え方のヒントをご紹介したいと思います♪


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

この前、会社の部下の扱い方についてクライアントさんからご質問をいただきました。

「部下が思ったように動いてくれずイライラしてしまいます。どうしたら良いでしょうか?」

なるほどです。部下の方とのコミュニケーションはCD講座などでも沢山学べますし、
コミュニケーションの問題があるかもしれません。

ですが、もしかしたら、
部下の働き方にこだわっているところもあるかもしれません。

それぞれの会社の事情もあるでしょうが、仕事に対する真摯さを前提とした場合、一般的に部下とのコミュニケーションは外の世界への貢献(お客様への貢献)が第一であるべきでしょう。

でも多くのマネージャーさんと話をしていると、働き方ややり方にこだわっている方が結構いらっしゃいます。

ここが結構ハマりどころです。

そうすると、結局問題にばかり目を向けることにより、イライラが募り、今度は自分が成果を挙げられなくなります。

そうすると本末転倒です。

よって手順ではなく、外の世界の貢献にフォーカスすると見えてくるものも違ってくるかもしれませんね。

上手いマネージャーさんを見ていると、性格が凸凹な人を使うのがうまいなと思っております。私達みんな凸凹ですからね^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

手順ではなく外の世界の貢献にフォーカスするの記事はいかがでしたか。相手ともっと円滑にコミュニケーションをとれるようになりたい方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ