時々マイナス思考になってしまう・・・これは良くないこと?

時々マイナス思考が生まれる時がありますが、これは良くないのでしょうか?というご質問をよくいだきます。マイナス思考をできるだけなくしたいという思いからのご質問だと思いますが、おかしなことではなくて普通のことなのです。今回は、マイナス思考が生まれることを出来るだけ少なくする、心のトレーニングのヒントをご紹介したいと思います♪


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

クライアントさんに

「マイナスの思考が生まれる時があります。これは良くないのでしょうか?」

と質問をいただく時があります。

これは、多分色々と学ばれていて、マイナスの思考をできるだけなくしたいという思いからの質問だと思いますが、
私自身もマイナスの思考が生まれることもありますし、それは別におかしなことではないと思います。

ただ、私や橘の場合は日頃、心のトレーニングを重ねているので、マイナスの思考に飲み込まれるのが普通よりは少ないのかなと思います。

感情というものは生まれては消えていくものです。よってそれがある程度生まれてしまうのは普通のことです。

ただ問題はそれに飲み込まれてしまうということなのですね。
(その場合本人は大抵飲み込まれていると気づいていないのですが)

では、どうしたら良いかということですが、やはり日頃のトレーニングの差でしかないでしょうということなんですよね。

心のトレーニングが進むと、
マイナスの思考が生まれた時に、客観的にパッとその感情を捉えることができる

そうすると、マイナスの思考は自然と力を失い、消えていく

もちろん、また生まれてくることもあるでしょう。

ですが、気づきの力(客観的に観る力)がマイナスの感情を捉えて力を与えないのです。

そうするとマイナスの思考に飲み込まれることが以前よりずっと少なくなっていく。

そしてこれは伝えるのが難しい感覚なのですが、以前よりマイナスのことに対して段々感覚がふわふわしてくるんです(笑)

もちろん、人間ですから限度はありますよ。

ですが神経過敏に生きるより、ふわふわしてると生きるのが大分楽ですね^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

マイナス思考を客観的に観ることでうまく切り替えることが出来るの記事はいかがでしたか?心のトレーニングの学びをもっと知りたい方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ