嫌なことばかり目につく癖は、自分を苦しめることに繋がる!?

世の中には沢山のレビューサイトが溢れていますが、世の中の多くの人はモノや人を批評することに多くの時間を使っていることがわかります。嫌なところばかり目について裁く癖がつくと、自分の欠点が気になり裁いて、結果敵に自分自身が嫌いになることに繋がるかもしれません。今回は、そんな考え方から抜け出すヒントをご紹介したいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

世の中には沢山のレビューサイトが溢れています。
商品やホテルのレビューサイト。

5つ星、4つ星、3つ星。

そして、学校では論文を学び論評することを学びます。

昨日行った喫茶店では隣で、「誰々さんは~なのよ!」てご近所さんのことを批評する大きな声が聞こえてきました。

うん、世の中の多くの人は、人を批評することに人生の多くを使っている

そして、自分の心を観れば毎日何かを裁いていることに気づくでしょう。

そして、より明らかに観ていくと、この批評の癖が、人生の大きな苦しみを生み出していることがよくわかります。

人を比較し、人生を比較し、自分を比較する。

クライアントさんは言うのです。

「私は自分が嫌いです」

そして、

人は、この人や物を評価する癖を辞めた時、生きるのがずっと楽になります。

心が自由になります。

全部は無理でしょう。ですが1つずつ、自分の心の癖に気づいていくと、きっと生きるのが楽になるはずです^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。
それでは今日も張り切っていきましょう♪

人や物を評価する癖を辞めると心が自由になるの記事はいかがでしたか。人生も自分らしくもっと自由に生きたいという方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ