悩んだ時、まずは物語から抜け出してシンプルに考える!

あなたは抱えている悩みを複雑に考えていませんか?そこにある感情や事実だけを残し、あとは取り除いてみると中身がシンプルになり自分がどうするべきなのか簡単に見えてくるかもしれません。今回は、前回の「自分で気づく力を鍛えてみませんか」の記事をふまえたシンプルに考える方法をご紹介したいと思います。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

前回、「心と行動の間に空間がある状態が心にとって良い状態です♪」というお話をさせていただきました。

どうしたらこういう状態が生まれるのかというと、しっかり学びたい方はCD講座で一つずつマスターしていただければ良いと思いますが、例えば一つの考え方として感情から物語を取るとそういう状態が生まれやすいなと感じております。

以下は私が無意識的にやっていることですが、

例えば、私に

「私はコミュニケーションが苦手なので声がかけられないです」

という状態があるとします。

これは凄くストーリー的です。ここから私という主人公を取ってしまって、物語性を排除します。

すると、残ったものは、

「コミュニケーションが苦手」と思っている感情、
「声がけられない」と思っている感情

これだけです。
(一つ一つ頭で考えてやっていませんが)

人生に苦しまれている方の多くは、自分という物語に踊らされています

ある意味、自分で作ったストーリーで自分を苦しめている状態です。

逆に私をとってしまったら悲劇のヒロインはどこにもいませんし、
心がシンプルで生きるのがずっと楽になります。

あとは一歩ずつ心のトレーニングを実践し、それを体得するまでですね♪

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。
それでは今日も張り切っていきましょう♪

感情から物語を取るとシンプルで生きるのが楽になるの記事はいかがでしたか。心のトレーニングについてもっと知りたい方はコチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ