自分を許しませんか?人生を幸せに生きる為の一歩

あなたは不幸な状況を受け入れてしまっていませんか?それが当たり前だと諦めていませんか?たった一度きりの自分だけの人生です。これから先、幸せに生きることを自分で自分を許すことにチャレンジしてみた経験談を今回はご紹介したいと思います♪


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

あなたは「悲劇のヒロイン」体質でしょうか?

不幸な状況にいることを受け入れてしまってるということなんですが、どう感じますか?

私は……まさにこれでした!(笑)

誰かに、「あなたは幸せになってもいいんだよ」と言われても、「はい」と答えられなかったんです。

どんな言葉が出てくるかというと、「でも…」といった否定とか言い訳だったんですね。

当時はそんなマイナス状態でいることが当たり前すぎて嫌なんだけど受け入れてしまってたんです。

そのほうが受ける痛みが少ないからと心のどこかで捉えてしまっていたからなんですね。

自分は不幸なんだと思うことによって得ているものがあったんです。

変わらなくていい、今のままでいい、歪んではいますがそこに安心や安全があったから。

人は変化を嫌う生き物ですから本能的にそういう行動を取ってしまうわけなんですね。

こういうことに気付けたのは私がCD講座を学び始めてからけっこう経ったころでした。

今となっては勿体ないことしてたなと思えるようになりました。

ちなみに自分が変われたきっかけの1つは、ちょっとした勇気でした。

自分の安全を確保するために制限をかけまくってたということに気付き

じゃあその制限を緩めようと勇気を出しながらチャレンジしていきました。

そのチャレンジ、最初は本当に小さなことから始めていって、手ごたえを確認しながら進んでいきました。

やがて段々と自分に自信が持てるようになって、楽になれました。

勇気って普段そんなに口にする言葉じゃないんですけど、必要なものなんだって実感しましたね

ちょっと今回は私の昔話になってしまいました

それでは今回はここまでです

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

悲劇のヒロイン体質から抜け出すの記事はいかがでしたか。マイナスからプラスへ考える方法をもっと学びたい方はこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ