不安やマイナスの感情との付き合い方

人はネガティブになってしまう事がありますよね?そんな時は無理に不安を消そうとする必要はないと思います。自分の不安やマイナスの感情ってパートナーみたいなものですから。不安やマイナスの感情を抱いてしまった時の対処法をご紹介します。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

前に、クライアントさんからこういうことを聞かれたことがありました。

「私はマイナスの感情に押し潰されそうになります。時には強く自分を責めてしまったり。平井さんはマイナスの感情に対してどうしていますか?」

という質問でした。

なるほど、なるほど、こういうことってありますよね。
マイナスの感情が全てを埋め尽くして、まるで全てがそれが現実のように感じたりする。それはとても辛い。

でもいつの頃からかそういうのが大分なくなったなーと思いながら
こう応えました。

私にとって、自分の不安やマイナスの感情ってパートナーみたいなものです。

感情が言っていることに対して、否定も肯定もしません。
出来るのは、ただそこに一緒にいてあげることだけですね。

人間生きてれば、辛いことだってあったりしますし、
泣きたくなることや叫びたくなることもあるでしょう。

だから、それを否定する必要もないし、
無理に肯定する必要もないのです。

ただ彼や彼女(感情)の存在を認めて、
一緒にいてあげればいいのではないかと思っています。

ただ私(自分)は彼や彼女を養う必要があるので、
飲み込まれてはいけませんよね^^

感情も人間関係と同じで、裁いたりされるの嫌いみたいですね。

逆に存在を認めてあげて、そっと寄り添ってあげると、
暴れだすってことは段々なくなっていきます。

それは肯定するのでもなく、否定するのでもなく、
ありのままの存在を認めてあげるということなのだと思います。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

マイナスな感情との付き合い方はいかがでしたか?心のトレーニングに興味がある方はこちらへ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ