幸せの思い出を保存しよう

スマホの普及で昔よりも手軽に写真を撮れるようになりましたね。素敵な思い出は、年月が経つごとに色あせるのではなく輝きが増すと思います。そんな写真を使って、辛い時や悲しい時幸せな気持ちになるヒントをご紹介いたします。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

さて先日カメラで風景の写真を撮っていました。

カメラといっても本格的なものじゃなくてスマホについているものです。

携帯電話が必需品となった昨今では

昔に比べたら写真を撮る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。

今自分が見ている風景を写真に収める。

画面越しのその風景にはその時の感情が残るなって思ったんです。

特に良い思い出となったシーンなんかを収めた時、後から見返すとその時の気持ちに立ち戻れるような感じがしませんか。

またはその時は感じなかった、気づかなかったことを見つけられたりもします。

気軽にその時の記憶や感情を残しておけるというのはいいツールだななんて思ったりもします。

そういったものが自分のリソースになっていったり、行動を起こすきかっけにだってなるかもしれません。

そんな使い方をしてみるのも面白いかもしれませんよ

それでは今回はここまでです

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

幸せな思い出を保存する記事はいかがでしたか?前向きに生きたい方はこちらへ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ