マインドから離れると世界の見え方が違う

私たちはよく目の前の問題や悩みに囚われがち。一度自分のマインドから離れると世界が変わって見えるんです。それはありのままに客観視するということなんですね。それにより問題の本質を見ていくことができるでしょう。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

私達は生きていると、不安だったり、人間関係だったり、雑用だったりに巻き込まれてしまうということが良くあります。

本当はどうでも良いことに対して、悩みに囚われてしまったり、本当は優先順位が低いものに対して目がいってしまったり。

でも、これだと本当に自分が歩みたい人生に対して、余計な雑念に惑わされて歩むことができるようになりませんよね。

でも、これを気づきの力を使って、ありのまま客観的に見る(メタ認知)ことができるようになると人生の舵取りが上手くいくようになります。

「いつやるの?今でしょ!」で有名な林先生は、小学校の時から、空中から教室全体を見るような思考を働かせていたそうです。

ああ、あの子はこういうところで悩むんだなぁ。こういう問題で躓くんだと。

まさにこれは、自分のマインドとは離れた、ありのままの客観的な視点で見るということですね。

そして今もタレントして、予備校講師として自分のやっていることを客観的に見ているということ。

素晴らしいですね。

実は、こういうことはカウンセリングの世界でも行われていて、橘も講座やセミナーでやったりしています。

そうすると、自分の人生から少しずつ解放されて、本当の自分の望む世界そういうものに対して、歩むことができるんですね^^

一度自分のマインドちゃんから離れて、客観的に見つめられるようになると幸せの種がそこにあるかもしれません。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

マインドから離れるという話はいかがでしたか。心の学びをもっと深く知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ