客観的な視点を持てると成長にも繋がっていく

自分を客観的に見ることができますか?その視点を持っていると自分の成長にも繋がります。また物事を冷静に見ることもできるようになってきます。問題を解決する力も強くなっていくでしょう。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

何かの節目や季節の変わり目などで、自分の周りのことを考えてみると

一緒に過ごす大切な人や、家族にちゃんとお礼言えてたかなって。

そこにいるのが当たり前になってて、してもらうことが当たり前になってたり

そういう何気ないことに感謝できてたのかなって。

ちゃんと言葉に出して伝えてたかなって。

どんなに長いこと一緒にいたとしても、言葉に出さなければ伝わらないことって沢山あると思います。

空気で察する、それが当たり前、そんな風に決めつけてしまうのはあんまり良くないんじゃないかなと。

今更口にするなんて恥ずかしい、そんな風に思うこともあるかもしれません。

じゃあ何かプレゼントと一緒に言ってもいいと思いますし、

手紙に思いをしたためてみるのも味があるかもしれません。

相手から見た自分ってどう見えてるのかな?

この客観的視点を持つことは自分を成長させるための大切な要素であったりもします。

ガチガチに固められた信念や自分らしいあり方というのも分かりますが

そこに不必要な何かがあったりすると、生きづらさに繋がってしまうこともあったりします。

柔らかくするという考え方を持てた時、新しい視点を持てるかもしれませんよ。

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

客観的視点についての話はいかがでしたか。視野をもっと広げるためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ