問題の解決策は実は目の前にあった?

何か問題を抱えた時、人はたくさん悩んだりします。そしてなかなか答えが出なかったり…でも解決策は案外身近にあったりするんですね。人間は痛みを避けて快楽を得るという本能がありますから見落としがちなんですね。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

クライアントさんの相談を受けていてこういうことが良くあります。

それは、相談をされたクライアントさんが一番避けてきた答えをやれば、何年も悩んできたその問題はあっという間に解決するのになぁということです。

そういう多くの場合、今まで、クライアントさんがどういう人生を歩まれてきたかを聞いてみると、大抵その一番の解決策からいかに離れるかという選択をされていることが多いです。

例えば、その家から離れるのが一番の解決策なのに住宅ローン組んじゃうとか、ギャンブル依存のお子さんにお金を注ぎ込んでしまうとか、一番の解決から一番遠い行動をし続けてしまうんですね。

その時、ふと思いました。

もしかしたら、躓いたときって「自分が苦手なこと、嫌なこと」って

人生を解決する答えなのかもしれないということです^^

ということは、躓いたときは「自分が苦手なこと、嫌なこと」を意図的に行動することによって、人生ってよくなるのかもしれないということです♪

実はこの人生を劇的に良くするその人それぞれの答えを、心のブレーキを外して、気持ちよくやれるようにするのが橘式のパターン(講座やセミナー)なわけですが、

そう考えていると「自分が苦手なこと、嫌なこと」って実は良いことなんじゃないかなと思い始めました^^

だってそれは、敵ではなくて答えなんですから。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

問題の解決策は近くにあったという話はいかがでしたか。人生をよりよく変えるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ