理想的な未来をイメージするとプラスになれる

理想的な未来をイメージするということをしたことはありますか?今だけではなく未来へ意識を向けることはとても大切なんです。なりたい自分になるためにはそうなった自分をイメージしていく必要があるからなんですね。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

目の前の問題をクリアすることはとても大切なことなんですけど

そこだけに意識を持っていってしまうと行き詰りやすい罠があったりします。

記憶、人は生きていく中で様々な記憶をもっていきます。

大きく分けると3つ。過去、今、未来なんですね。

多くの方がだいたい過去の記憶を沢山持っています。

次に今なんですね。

ようは、過去のしがらみや経験に捕らわれて変えられないパターン。

今の忙しさ、一事が万事でバタバタするパターン。

でもこれは当たり前といってしまえば、当たり前なんです。

「だってしょうがないじゃない!」こう思って普通です。

ここからどうするかがとっても大切なんですね。

なにか追い詰められたような感じになると自分を否定しがちになるんです。

そして自分の限界を決めてしまう。

「どうせ私は…」みたいな。

そうなるともう負のスパイラルみたいなものがたくさん襲ってくることがあります。

そこで持っていただきたいのが「未来記憶」

未来なんか体験したことないんだからもてるわけないじゃん、と思ってしまうかもですが

自分なりの理想的な未来を描く、イメージするということは実はすごくプラスの要素があるんです。

こんな風になりたいな→どうすればそうなれるかな→やってみよう!

ぼんやりしたものを実現させるには行動あるのみ。

失敗するかもしれない、自分には無理、できるわけがない、そんな思いに邪魔されるかもしれません。

でも、やっぱりやってみて、失敗したとしても、OK、次の糧になるじゃんって。

落ち込んでどんよりしちゃうときもあるけど、

少しでも笑顔で、物事を前向きに捉えるようになれたら、素敵がまた一つ見つかる。

そうしたら周りにもその素敵を伝えてあげて、一緒に笑顔になれる。

そんな心を持てたらきっと、また一歩前に進めるんじゃないかなって思います。

なんだかポエミィな感じですかね(笑)

でも私はそんな風に悩みながら、前に進んでいきたいなって思います

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

理想的な未来をイメージするという話はいかがでしたか。なりたい自分になるためのヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ