ストレスと上手に付き合うには?

ストレス、現代社会において切っても切り離せない存在。そんなストレスと上手に付き合うためにどんなことができると思いますか。ストレスを感じた時にどうすることができると楽になっていけるのかお伝えしていきます


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて今回は会員さんからいただいたお手紙を紹介させていただきます。

日々のストレスから心を崩してしまったけれども
そんな状態から抜け出そうと頑張ってくださっている方からのお便りです。

P.N.チェリーさんからのお手紙です

実際のお手紙はこちら

https://makeyousmile.info/mgimg/cherrys_latter.jpg

———-

はじめまして。

第1回目のCD聴かせていただきました。

CD講座を始めようと思ったのは、仕事のストレス、子育てのストレス等が重なり、自分に自信が持てなくなったからです。

性格的に小さな事でも気になり、ストレスが日々大きくなって自分の首を自分でしめて苦しくなることがあります。

先日、病院でウツの気がありますと言われ、薬を処方されました。

CD講座の中で、ウツの人の特徴がありましたが、まさに私はそのとおりで、

声も小さく消極的で不安ばかりの毎日が続いておりました。

まずは声を意識して大きめに、そしてつとめて笑顔(今日は1日楽しいことを考える)など

できることから始めようと思います。

過去に過呼吸になったこともあり、パニック、ウツの苦しさはよくわかります。

同じように苦しんでいる人が、一人でも多く楽になるよう心から願っています。

これからもどうぞ宜しくお願い致します!

ありがとうございました

———-

チェリーさん、素敵なお手紙ありがとうございます^^

日々の生活を過ごしていると色々なところにストレスの原因ってありますよね。

生きる上で、切っても切り離せない「仕事」

本当に多くの方が仕事面で悩まれています。

その大半は人間関係だったりもするんですね。

そして、女性ならではのお悩みということでの「子育て」

自分の子供なんだからストレスを感じるのはおかしい、なんて考える方も多いのですが

そうはいっても手がかかる時期なんかは、どうしたって自分を犠牲にしてまで面倒を見る必要があります。

〇心がしんどい時は放っておかないで

真面目で一生懸命な方ほど頑張りすぎてしまったりして、心を疲れさせてしまいがちなんですね。

そんな時、どういう考え方、視点を持てるかというのがとても大切になってきます。

多分何もしなければ、自然と、疲れた、しんどい、面倒くさいなんて言葉に支配されがちなのが人間です。

心のどこかでしっかりしなきゃと思っても、「でも、だって」みたいな言い訳がやはり湧いてきやすいものです。

これを繰り返し続けるとどんどん心はしんどくなってしまいます。

そこで私たちがお手伝いできるところとして、このCD講座があります。

まずは聞いていただいて、自分の心をプラスにするためのヒントを沢山取り入れていただいて

あとは色々やってみる。凄く単純に聞こえるかもしれないんですが、とても大切なことなんですね。

こういったことを習慣づけることによって、ふとマイナス方面に落ちそうになった時でも

すぐに体制を立て直せるようにもなってきます。

また今まで気づけなかったことにもたくさん気付いていくことができるようにもなってきます。

最近1枚目のCD聞いてないなという方はこの機会にぜひもう1回聞いてみてください

また新しい発見があるかもしれませんよ^^

それでは今回はここまでです

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

ストレスと上手に付き合う方法いかがでしたか。心を元気にさせるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ