感情は選べるんです

感情って実は選べるんです。辛い現実に襲われたときに気分は下がりますが、そこからどうするかなんですね。そのまま落ち込み続けるのか、それともその状況から抜け出すという道を選ぶのかはあなた次第なんですね。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて、今回は会員さんから素敵なメールが届きましたのでご紹介させていただきます。

CD講座を通して心の成長を進めていってくださっている方からのメールです

P.N.みくさんからのメールです

———-

日々、生活の中で、人の言葉に傷つき、自分の言葉にも傷つき、落ち込んでる自分がいます。

感情は選べる事を知り実践してみると、人の言葉に自分の心が左右されない事が少しずつ増えていってます。

気づきと学び、今日も感謝いたします

何かと心配や不安が多い世の中、そして私ですが、まず一歩踏み出す事や、やってみる事の大切さを学べています。

出来たーと言う体験は、心を爽やかにしてくれます。

学びを、ありがとうございます^_^

———-

みくさん、素敵なメールをありがとうございます♪

日々の生活というのはいたるところにストレスがあったりします。

そこに左右されるか、されないかが大きなポイントだと思います。

無理矢理に落ち込みそうな自分を鼓舞して、元気になれる方ならそれでいいんですけども、
やはりどこかで心が追い付いていかなくなって疲れてしまいがちです。

だからみくさんのようにできることからやってみる、という取り組みは本当に効果があると思います。

自分には無理と思うのもあなた次第。

やってみようかな、失敗してもいいやって思うのもあなた次第。

どっちの選択があなたにとって最良なのか、きっと後者なんじゃないかなって思います。

「すべき、しなければいけない」

って考えちゃうと窮屈に感じたり、嫌気すら出てくるかもしれません。

だから、やってみようといった捉え方ができると少し楽になってくると思います。

別に「すべき」を選んでもいいんです。

感情を選ぶのはあなた次第だからです。

ただ、オススメとして少しでも楽しめる、気分的に楽な方を選んでもらったほうが続けやすいかなってところです

選ぶのはあなた次第

心に「どっちがいい?」なんて聞いてみるといいですよ♪

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように

感情は選べるという話はいかがでしたか。もっと心を元気にするヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ