仕事とコミュニケーションは切っても離せない

仕事さえしっかり出来ればいい。評価されればいいという考え方では損をしてしまいます。コミュニケーションもとても大切なんです。むしろ仕事はそんなに出来なくても高いコミュニケーション能力があると人間関係は円滑になったりしますよね。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

以前にセミナーで、クライアントさんと話していたら、何人かの方から

「私は仕事はさぼらず真剣にやっているのですが、コミュニケーションが苦手で、仕事の評価が低いです」

というご相談をいただきました。

このご相談というのは、昔からCD講座会員さんから多くご相談いただく内容ですし、私も社会人に成りたての頃、仕事の出来ばかりフォーカスして上手くいかなかったことがあるので、ちょっと今回はこの記事を書こうと思います。

仕事というのは端的に言えば、

「仕事の出来」×「コミュニケーション」の総合戦なのです。

だから、仕事(の出来)だけできれば良いというのは、仕事が100出来たとしても、コミュニケーションが0ならば、

100×0=0

なのですね。

(もったいないことに、実に多くの人がここで損をしております!)

つまり、自分より仕事が半分しか出来てない人のほうが、評価されるなんてことは普通にありえます。

しかも人間というのは、コミュニケーションを取っていない相手というは自分のことを嫌いだと思ってしまう性質がありますから、
どんなに仕事が出来ても、コミュニケーションがあまり良くないと、いけすかんやつだって話になってしまうのですね。

そんな理不尽な!って話ですが、仕事が「仕事の出来」×「コミュニケーション」の総合戦である以上そういうことになってしまうのです。

逆にいえば、日頃のコミュニケーションさえしっかり出来ていれば、ちょっとミスをしたとしても許してもらえたりするし、かわいがってもらえたりするし、
CD講座の会員さんなんて、皆真面目で仕事をしっかりやれる人たちなので、あとはコミュニケーションの技術をアップしていけば、後は伸びるだけですよ^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

仕事とコミュニケーションについての話はいかがでしたか。人間関係を良くするためのヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ