性格を変えるという考え方を別の目線で見てみよう

性格を変えると聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、こんな考え方はいかがですか?物事って捉え方一つ変わるだけで大きく動いたりします。自分の中にはなかった価値観を新たに得ることができたりもしますよね。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

この前、世界のビリオネア(1代で1000億円の資産を築いた人)がどういう性質をもっているかという調査した本があって、こういうことが書いてありました。

「ビリオネアというのは、リスク志向でなんでもかんでもリスクを取ると考えがちだが、それは違う。ビリオネアと普通のサラリーマンではリスク志向でそんなに違いがないという結果が出ている。ただ、彼らは、失敗することよりも、チャンスを逃すことの大きさを天秤にかけ、チャンスを逃すのを嫌うのだ」

確かにこの前の記事で、すごい人も不安や恐怖を普通の人と同じように感じるなんて話をさせていただきましたが、ビリオネアでなくても人生うまく行っている人は、自分が有利な方に性格を変えるのを厭わないということを感じます。

彼らは失敗することをよりもチャンスを逃すことを嫌います。

例えば、スピーチが苦手だとします。

ですが、スピーチをしないと上手く行かないとわかれば、スピーチが苦手だろうがなんだろうがやります。

もしくは得意な人を連れてきます。

人間関係が苦手だとします。

ですが、人間関係が上手く行かないとチャンスを逃すと思えば、人間関係を上手くいく方法を考えます。

つまり、彼らにとって成功することが第一なので、自分が元々持っている性格なんてどうでもよいのかもしれませんね^^

考えてみれば、元々と考えられる?性格なんて言うのは、生まれた地元や親の影響が大きいわけで、そんな凄い親なんて殆どいないわけですから、
親は育ててくれてとてもありがたいと感謝することは大切ですが、別にその影響を全て受ける必要はないわけですね。

「自分の元々の性格なんてどうでも良い」

なんか自分で書いててワクワクしてきました^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

性格を変える方法の考え方についてはいかがでしたか。自分を変えるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ