プラス思考へ変化させるコツ

プラス思考になるといっても方法はいくつかありますが、見落としてはいけないコツみたなのもあったりします。脳の働きというのを無視するわけにはいかないんですね。本当に不思議な働きを起こすことがあるからなんです。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて今日は、言葉は自分に返ってくるんだよというお話をば

人の脳ってすごい不思議なんです。

例えば、誰かに向かって「本当にお前はバカだな」って言ったとします。

相手をけなす言葉ですよね。

この言葉を言うと、脳は自分もバカだなって認識してしまうんです。

文句、愚痴、不平不満ばかりをこぼすタイプの人がプラスの方向に浮上できないのはこれが理由の一つであったりするんです。

だから「あなたは素晴らしい」「あなたは素敵な人だ」といった言葉をかけてあげると

脳は自分は素晴らしい、自分は素敵な人だと認識してくるんです。

自惚れや自己愛が強すぎると感じてしまうかもしれませんが、そこはバランスのとり方次第とも言えます。

相手を傷つけてしまったと感じた時に心が痛むのは、自分が相手を否定したことによって、自分自信の心も否定してるから痛みを感じるのかもしれません。

注意するにしても頭ごなしに否定しないこと、なんて子育ての本なんかにもありますよね。

〇プラスの考え方

CD講座でももちろんプラスの考え方を持とうという話があります。

中でもプラスの言葉の使い方をしようという話の理由の一つとして今回のような理由があるんです。

前向きに生きれば人生ハッピーといった適当なことではないんです。

マイナスの感情というのは1つ生まれると次から次へと連鎖して増殖していくことが多いです。

その感情を処理しきれなくなっていくと心を崩しやすくなってしまいます。

そうならないためにも、プラスへと転換できる方法を知って実践していっていただきたいんですね。

だからCD講座の1枚目は最初単純に聞こえるかもしれませんが、実は大切なメッセージが沢山入っています。

私も以前はプラス思考はそれこそ営業職のような人がガンガン売り込むために必要くらいの認識しかありませんでしたが

そうだったのかということをCD講座や実際の体験を通して知ることができました。

そうして思考にいい循環を作っていけると自分の軸みたいなのもしっかりしてくるなと感じています。

それでは今回はここまでです

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

プラス思考になるコツの話はいかがでしたか。もっと心を前向きにするヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ