マインドフルネス瞑想はイライラにも効果的なんですか?

マインドフルネス瞑想はイライラに効果的でしょうかという質問です。結論からいうと効果的と言えます。瞑想と聞くと何かハードルの高さみたいなものを感じるかもしれませんが、実はやり方自体はとても簡単なんですね。


こんにちは、心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

結論から言うと、とても効果的です。

イライラしたことがないという人はいないのではないでしょうか?

あなたはどんな時にイライラしますか?

子供がいうことをきかない時、一生懸命しているのに結果が出ない時、自分の思いがなかなか伝わらない時などその場面は様々でしょう。

ですが、その根底には「自分が期待した通りに物事が運ばない」ことがあるのではないでしょうか?

そこには、「自分の価値観を受け入れらてもらえなかった」「思い通りにいかなかった」こともあるかもしれませんね。

そんな感情をコントロールするのにも効果があるのが「マインドフルネス瞑想」なんです。

〇瞑想は身近なもの

私のカウンセリングにもイライラが止まらないと訪れてくれた近藤さん(仮名)がいらっしゃいました。

近藤さんは35歳の女性で、3歳のお嬢さんと6か月のお坊ちゃんの2児のお母さんです。

最近、旦那さんの仕事の関係で引っ越してこられ、それまでおじいちゃんやおばあちゃんに助けてもらって子育てをしていたのですが、全くだれも知らない環境での子育てをすることになってしまいました。

誰も相談を友人もいない上に、3歳のお嬢さんは引越しを機に赤ちゃん返り真っ只中。

全くいうことを聞かず、反抗ばかりとこぼしていました。

そんなお嬢さんについイライラして強く当たってしまう・・

自分のイライラが赤ちゃんに伝わるのか常に泣いてばかりいると追いつめられた状態で私のカウンセリングを訪れたのです。

まず、環境面では市役所に相談をし、近藤さんたちが参加できるサークルを紹介してもらいました。

子育ての中にイライラはつきものですが、同じような環境の仲間と話ができるだけでも気持ちが楽になることも多いからです。

次に、近藤さんが強く望んでいた「イライラをおさめる方法」を一緒に考えました。

認知行動療法なども考えましたが、感情のコントロールの面で効果的である「マインドフルネス瞑想」を提案しました。

「マインドフルネス瞑想」は呼吸を整えることからはじめ、感情を自分でコントロールものです。

「瞑想」と言われて何を想像しますか?

インドの偉いお坊さんが座禅を組んでいる様子を想像しますか?

実は、「瞑想」はもっと身近なものなんです。

〇今に集中する

疲れた心をいたわってあげる方法だと言えばわかりやすいと思います。

近藤さんの場合もなんですが、毎日の生活に追われていると自分自身を見つめ直したり、「いい子いい子」と自分の体にしてあげたりする機会は少なくなってしまいますよね。

そんな毎日に少しの時間でいいので、自分を1番にしてあげて下さいというのが「マインドフルネス瞑想」なんです。

近藤さんには、毎晩お子さんが寝静まった後3分でよいので「マインドフルネス瞑想」をして下さいとおすすめしました。

座禅を組む時間がなければ、椅子に座ったままでもかまいません。

肩に力を入れて、ダランと抜くという動作を2~3回して、体の力を抜きリラックスしましょう。

その後、呼吸に注意を向けるのです。

鼻から吸って、吐くときには吸ったときの倍の時間をかけましょう。

近藤さんは「今日も怒り過ぎちゃった」「明日もわがままなのかな」など、色々な思いが浮かんできたと言います。

でも、それは自然なことであり無理に蓋をすることはしません。

その間もずっと呼吸に注目します。多くの酸素を吸って、全体に行きわたるイメージをしながら、今呼吸をしている自分、元気になっている体にだけ注意を向けるのです。

「マインドフルネス瞑想」をする上でポイントになるのが「今」に注目をするということです。

色々な思いが浮かんでは消えていくと思いますが、その様子を客観的に見ながら、「今」呼吸をしている自分を主に置く。

ということをイメージすると「マインドフルネス瞑想」を行いやすいと思います。

近藤さんにはできる限り毎日続けてもらいました。

最初のうちには上手く行かなかった「今」を見つめるという作業がうまくできるようになるにつれて、イライラしにくくなったとおっしゃっていました。

ストレスを0にすることは無理です。

ある程度のストレスがあるからこそ、人間は成長できるのだという人もいます。

ですが、ストレスが溜まり過ぎて毎日「イライラ」過ごすなんて何だかもったいないですよね。

「イライラ」しても「楽しく」ても、1日は1日。どうせなら「楽しく」過ごしましょう。

「マインドフルネス瞑想」をすることで、自分の心を見つめ直したり、いたわったりすることができます。

ストレスと上手くつきあうためにも、毎日、少しの時間でも構わないのであなた自身を抱きしめてみませんか?

また、「イライラ」している時は、「交感神経」と「副交感神経」のスイッチがうまくいっていないと思われます。

「マインドフルネス瞑想」をすることで、酸素を体の隅々まで運んでもらい、自律神経を正常な状態に戻すことも期待できるでしょう。

「交感神経」、「副交感神経」の切り替えがうまくいけば「イライラ」の原因が1つ取り除かれると思いますよ。

マインドフルネス瞑想がイライラに効果的という話はいかがでしたか。心を元気にする方法をもっと学びたいかたはこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ