マインドフルネストレーニングのやり方とは?

マインドフルネストレーニングは実はとっても気軽にできるんです。リラックスできる環境でやっていただくと最初はやりやすいと思います。それではどんな風にやればいいかお伝えします。


こんにちは、心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

「マインドフルネス研修は世界的に有名なグーグルも研修で行っているのはわかったのですが、どうやってやったらよいの?」

このように思う方も多いのではないでしょうか?

いくら、体も心も解放してくれると言っても、そのやり方が難しければ毎日続けることはできないですよね。

確かに「マインドフルネストレーニング」は最初のうちは難しいかもしれません。

なぜなら、私たちは起きている限り、何かしら考えています。

それは、とてもハッピーなことかもしれませんし、不安なことかもしれません。

「人間は考える葦である」と数学者でもあったパスカルは言っています。

パスカルほど偉大ではないこの私でも、毎日色々なことを考えすぎ、夢の中にでてしまったりもします。

このように人間として生きていく以上、「思考する」ということは避けられないことではあるのですが、毎日脳をフル稼働をさせてしまうとメンタル的にもやっぱり疲れてしまいますよね。

「脳」と「メンタル面」を一休みさせる方法、これが「マインドフルネストレーニング」なんです!

「マインドフルネストレーニング」の方法は慣れてしまえば簡単!毎日3分からはじめましょう。

〇呼吸に意識を向けていく

その基本はやはり「瞑想」になります。「瞑想」と言えば、お寺で座禅を組みながら和尚さんに喝を入れられる。

そんな情景を思い浮かべた人が多いと思います。ですが「マインドフルネストレーニング」はもっと気軽にできる方法です。

時間帯としてはいつしてもよいと思いますが、私はお風呂に入って子供たちも寝静まった一人になれる時間帯を選んでやっていました。

私の場合は、音がとても気になるので、テレビやCD、ラジオなどの音は切っていました。

私のクライアントさんの中には、集中できるということでオルゴールの音楽を「マインドフルネストレーニング」中に流している方もいました。

ただ、歌詞入りの音楽は口ずさんでしまいたくなることもありますので、「マインドフルネストレーニング」中には避けた方がよいのかなとも思います。

リラックスできる状態を作ったら、いよいよ「マインドフルネストレーニング」を行いましょう。

まず、その姿勢です。自分の楽な姿勢でかまいません。

私は寝転がってやってもよいと思いますが、最初のうちは座ってやった方が良いでしょう。

椅子の上に座るかあぐらをかき、背筋を伸ばします。

肩を思いっきり上まであげ、ストンと落とす動作を2~3回行ってください。

そうすることで、体の力が抜けると思います。

目は閉じていても、開いていてもかまいませんが、目に見える情報が気になるという皆さんは目を閉じて下さい。

私はなかなか集中できないタイプなので、うっすら目を閉じて行っていました。

次に呼吸法です。「マインドフルネストレーニング」においては、この呼吸法がポイントになると言えます。

普段何気なく行っている呼吸なんですが、「マインドフルネストレーニング」においてはこの呼吸にまず注意を向けます。

普段、口呼吸をしている人も鼻で呼吸をすることをこころがけて下さいね。

慣れないうちは「吸って吐いて」と心の中でつぶやいてもかまいません。

呼吸に注意を向けていても、様々なことを考えてしまうと思います。

「今日の仕事は上手く行くかな」
「発表をしなければいけないんだけど心配になってきた」
「どうして自分は評価をされないんだろう」

・・・・などなど。人によって様々な思いが沸き上がってくると思います。

火山のマグマのように後から後からブツブツ出てくるでしょう。

でも、心配はしないでくださいね。人間は「考える葦」です。

自分の願いとは関わらず、多くの考えを心の中でしているのです。

この思考の「ブツブツ」とどのように付き合うかが「マインドフルネストレーニング」になります。

「ブツブツ」後から後から湧き上がってくる思いに無理に蓋をすることはしません。

もちろん、その思いが良いにせよ、悪いにせよ、評価を下す必要がありません。

「こんな考えを持つなんて自分はダメな人間だわ」と自分を卑下することも厳禁です!

そのように湧き上がってくる思いを受け流すことがポイントになってくるのです。

「あ~こんな思いもあるのね」

「私、こんなことも考えたんだ」

と考え、とにかく呼吸に集中をします。

呼吸にだけ集中することができたのなら、「マインドフルネストレーニング」は成功です。

基本的な「マインドフルネストレーニング」はこのようなやり方になります。

ですが、会社でイライラすることが多くて何だか心が疲れてきたということはありませんか?

そんな時には「マインドフルネストレーニング」の呼吸をするだけでも、心を開放する効果はあるのです。

信号待ちの時や、電車に乗っている時、休憩時間の時でもよいと思います。

呼吸に集中し、「ブツブツ」浮かんでくる思いを横目で見ながら、呼吸を繰り返す。

この作業をするだけでも「マインドフルネストレーニング」となり、気持ちが楽になると思いますよ。

マインドフルネストレーニングについてはいかがでしたか。心を整える方法をもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ