自分に制限をかけていませんか?

自分に制限をかけている、そんな自覚ありませんか。昔は無邪気だったのにいつのまにか…なんてことはありませんか?環境や立場によって人は変わらざるをえませんが、不必要なまでに制限をかけてしまうと心は疲れてしまいます。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

唐突なのですが、子供の頃、夏休みってどう過ごしていましたか?

私は毎日友達と外で駆けずり回ってたような記憶があります。

カブトムシとかクワガタ探したり、秘密基地とか勝手に作ったり(笑)

なんか毎日を全力で遊んでいたというか、ある意味生ききってたような感じもします。

やりたいことに全力投球。

○いつから自分に制限をかけたんでしょうか

いつのまにかそれができなくなってたりしてませんか?

もちろん子供と大人では立場も責任も様々なことが違います。

ですがやりたいと思ったことに本気で取り組めるって凄いいいことですよね。

CD講座の会員さんの中にはフルマラソンに挑戦した方もいらっしゃって

好成績を残して報告してくれた方もいたんですよ。

他にも演奏会をやり切ったという方もいらっしゃいました。

大きな舞台だけではなくて、本当に様々なチャレンジをして

自分の成長を報告してくださる方もいます。

心の学びに触れようとしたきっかけは、多くの方が今が辛い、なんとかしたいというものが多いです。

そのお悩みは今に始まったものではないことも多々あります。

ですが、変えようと一歩を踏み出してくださるのがとても大切なんですね。

心の問題の大きさというのは人様々ですし、明確な回答というのも示すのが難しいものです。

ですが、やる前から無理、変わるわけがないと決めつけてしまうと物事は動いてくれません。

未来は決まってないんです。

だから行動することにとても意味があると思うのです。

よし、考え方を変えてみようと思った時に

多分言い訳が沢山出てくるかもしれません。

そんな言い訳に負けない自分になれた時、新しい一歩が踏み出せるかもしれませんね。

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

自分に制限をかけるのをやめるという話はいかがでしたか。この制限をはずすヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ