子育て後、生きる目標が持てない。空の素症候群を克服する方法とは?

空の巣症候群ってご存知ですか?やりきった後の心の隙間に吹く風と申しましょうか。子育てが終わった後、ふと訪れる虚しさ、脱力感、そういった感覚が強く出てしまう状態です。こんな状態を克服する方法についてお伝えしていきます。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、「空の素症候群」というものをどう克服するか? について、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。

空の素症候群というのは一体何? と思う方も、多いかもしれませんが、これを読んでいる方の中には「そうそう……そうなのよ!」と考える方も少なくないと思いますよ!

〇あなたは頑張りました

圧倒的に女性の方のほうが多いと思うのですが、こんなご相談もいただいております。

「子どもが成人して、家を出ました。子育てが終わった感が濃厚で、今後の生きる目標が持てません……。

夫は定年が近くて、夫婦生活もマンネリの一途。むなしく、涙が出ることが多くなりました。一体どうしたら克服できるでしょうか……」

こちらは、50代の女性の方ですね。

見ての通り、空の素症候群というのは、「素が空になる」つまり、子どもが巣立つことによって、

親が……主にお母様がですよね、もう、やることがなくなっちゃって、ボケーっとしちゃう、という状態のことを言うわけです。

これはでも、ちゃんとお子さんを巣立たせて、独立できる状態にしてあげたのですから、母親は褒められてしかるべきです。

世の中には、子どもが独立しようとすると、あの手この手で妨げてなんとか自分の元から離れないように画策する親も多いですからね。

ヒステリックになってみたり、「いいわよ! 私なんかどうせ!」といじけて見せて、見かねた子どもが家に留まったり、

「あんたにはどうせ何もできない」と子どもを傷つけてみたりと、これまた無残なものです。

……まあ、これについてはまた別に解説する機会があったらいいなと思いますけれども、それに比べれば、きちんと巣立つことを許してあげられたお母様は素晴らしいと思いますよ。

また、空の素症候群というのは、それまでいかに一所懸命子育てをされてきたか、ということでもあるのです。

それまでのほぼほぼ全てをお子さんに捧げてきたからこそ、今になって空の素症候群という、ボケーっとした状態が訪れているわけで、

その点でも、「私偉かった! 私頑張った!」という、いわば人生のご褒美、それがあってもいいと思うのです。

ですから、もし空の素症候群に悩まされているのなら、それまでの自分を思いっきりいたわってあげましょ。

おおよそ20年なんぼの子育てだって、大変でしたし……

お子さんを気持ちよく独立させてあげることにしたって、お母様の心痛はいかほどだったかとお察しします。

心配もあり、淋しさもあり、そんな中でも独立に賛成し、手助けもしてさしあげたのでしょう。

だから、その苦労を、まずは自分で自分に「ご苦労さま、えらかったわね、私」と思っても、バチは当たらないんじゃないでしょうか。

〇自分へのご褒美をあげましょう

身辺を見渡すと、同じようなお友達もいらっしゃいませんか?

あるいは、時間に自由のきくようなお友達を探して、一緒に旅行に行くなど、「慰安」するのは良いことです。

また、お一人でも構いませんから、デパートや洋服売り場に繰り出して、「自分が女として美しくあるよう」装うことも大切ですね。

空の素症候群になるほど、お子さんに一生懸命尽くしていた方というのは、自分の女性性をわりかし、後回しにされてきた方が多いのです。

必要性がないのもあるでしょう。例えばオフィスなどでお仕事をされていて、いつも綺麗にしている必要があるような女性は、なかなか空の素症候群にはならないものです。

反対に、家庭一本で頑張ったり、お仕事をしていてもパートで身なりはそれほどでも……という方にとっては、

ファッションや美は優先順位がかなり低かったのではないかと思います。そこで、美容院に行ったり、洋服を新調したりして、「美しい自分」を再認識していただきたい。

え? 顔が良くないって? そんなこた、ありません。全ての女性はちゃんと磨けば輝くものですよ。

何なら今からダイエットしたっていい。ジムに通うのなんて、超おすすめです。

ここだけの話ですよ、私の母親、70代ですがね。某有名ジムへ行って、毎日フラだのヨガだのってもう大変な騒ぎですが、なんか痩せてきれいになってきましたよ……。

私はまだ、子どもが巣立つような年齢ではないですけどね、子どもが赤ん坊のときはヒドイもんでした! 

それはもう本当は秘密にしておきたいんですが、下の子が幼稚園に入園して半年後にだいぶシミが減りましたね……。

本当は、私などはカウンセラーをしていて、見た目で信頼感を落とすようなことはあまりしたくないので、

美しくあることは義務のひとつだと思ってもいるのですが、さすがに数年にわたって手抜きをすれば、年齢関係なしに色々崩れていくものです。

そりゃ、私だって美人ではないですが、ちゃんとやればそれなりでして、服装や化粧、美容院、大事だったな……と猛省したものです。

ですから、とにかく値段や量じゃなく、センスの良いもので生活を占めること。

それと、自分をちゃんと褒めて認めてあげること。そして、あとひとつ大事なのが、空いた時間でちゃんと人間関係を構築、あるいは保護することなんです。

誰との人間関係か? もちろん、旅行に行けるような友達関係でも、兄弟、姉妹関係もそうですが、巣立ったお子さんとの関係も。

やりすぎはダメですよ、でも2カ月に1度くらいはお子さんの様子を見に、

近くへ立ち寄って一緒に食事をしたり、という時間があっても良いと思います。それが、あなたの心の支えになることは間違いないでしょう。

それから最後に、もちろん旦那さまですね。さきに美しく装うことを大事と言いましたが、あなたが綺麗になると、旦那さまの見る目がちょっとずつ変わりますよ。

これホント。マンネリはほうっておいてもあまり改善しませんが、女性が綺麗になって、デートに行くだけで改善したりするものですよ!

空の巣症候群を克服する方法についてはいかがでしたか。自分を認めて好きになれるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ