仕事が続かない、転職を繰り返す人はやはりダメなんでしょうか?

転職を繰り返すといった経験をされた方もけっこういるのではないでしょうか。何度もするのはやはり不利になりますよね。職場で上手くいかないとすぐに辞めたくなってしまう、そんな状態を改善させる考え方をお伝えしていきます


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

最近、「仕事が続かないのですが……」というお悩みをいただきましたので、今回はこれについて考えてみたいと思います。

30代の、男性の方からのお悩みです。

「何度も仕事を変えてしまいます。バイトや派遣で就職することが多いのですが、早いときは2カ月くらいしかもちません。転職を繰り返す人はやはりダメなんでしょうか」

という、ご相談です。

まあ……「やはりダメ」という考え方はちょっと厳しいんじゃないかな、と思うのですが、色々と不利であることは間違いないでしょう。

どうしても、仕事が長続きしないと、人生全体で考えてもブランクの期間が長くなってしまいますし、

その分いわゆる生涯収入の総額もダウンするのはやむを得ないところです。

ですから、ダメというよりも、なんか損だから改善したいね、というのが私の本音ですね。

仕事を何度も変えてしまう、という人がよく持っている考え方に「きっとどこかに、もっと自分に合う仕事があるはずだ」「もっといい仕事があるはずだ」というのがあります。

これを『青い鳥症候群』と呼びますが、理想と現実との穴埋めがなかなかできずに、

もっといいやつ、もっといいやつ……という、上へ上へみたいな思考がぬぐい去ることができないんですね。

なので、現状に我慢するべきだということはなかなか考えつかず、とりあえず今の仕事やめて、もっといい仕事探そう。

もっと自分に合った仕事を探そう、という方向に頭が向いてしまうわけです。

〇できる、できないは気にしない

しかし、どんな仕事でも「とりあえず3年」などと言うように、どの仕事も誰にとっても、最初は初心者で、合っているもいないもありません。

最初からプロレベルでうまくできる仕事なんて無いわけで、つまずく、怒られる、失敗する、これらは当然のことですよね。

転職を繰り返す人だって、頭ではそれくらい理解しているのです。

しかし、そのレベルがどうも普通と違うようなのです。数度怒られると、「やっぱ、この仕事向いてないわ」となってしまう。

現実は、数度なんて、カワイイもので、どこかに勤めれば、社長になるまで誰かに怒られ続けるのは決定なのです。

会社の重役だって、社長に怒られているわけで、社長だってもしかすると会長とか、株主とかに怒られているかもしれません。

うまくいかないことだってありますから、うまくいかない=その仕事に向いていない、というのなら、

向いている仕事をしている人なんて、会社勤めの人には一人もいないことになるでしょう。

これを改善する方法を、なかなかスムーズにはいかないと思いますが、いくつか提案させていただきますので、是非試してみてください。

仕事を決めたら、まずは仕事ができるできないを気にしないようにするのです。

転職を繰り返す人の中には、「自分は仕事がデキルはずだ!(自分に合ってるヤツなら……)」という、確信ともプライドともつかないものがあるはず。

でもちょっとそれを置いといて、「できても、できなくても、行けばお金をくれるのだから自分の勝ち」だと思ってみて。

仕事ができなくてもいい。「採用されたのだから、それは自分に合ってる」のです。

誰も、合ってなさそうな人を採用しません。そうですよね? だから、採用されたという時点で、合ってることは確定です。そう思いましょう。

〇コミュニケーションを大切に

あなたに合ってる仕事に行ったら、今度は、仕事内容より優先したいものがあります。それは、人間関係です。

同じ派遣、同じバイト、あるいは同僚となった人たちの中に、友達を作りましょう。歓迎会をもしやってもらえたら大チャンスです。

そうでなくても、仕事の内容より、気持ちのいい挨拶や雑談、目を見てのコミュニケーションに尽力しましょう。仕事は二の次です。

もちろん、仕事はぼちぼち覚えなくてはなりません。だけど、ゆっくりでいいですよ。あなたはその仕事に向いているから、そのうち必ず覚えられます。

上司は、あなたのミスを見つけて怒ったりもするでしょう。なぜ怒りますか? あなたがその仕事に向いていないからでしょうか? 

違います。あなたがその仕事に向いているから、その仕事のプロに育てようというわけで、何かあったら怒るわけです。

あなたは恐らく、「向いていないから怒られるし、ミスをする」と思っていたでしょうが、そうではありません。

「向いているからこそ怒られる」のであって、向いていない場合は怒られずに「クビを宣告される」だけです。

ですから、「おまえはクビだー!」と言われる瞬間まで、あなたはその仕事に向いているのです!

どうでしょう? ウソだー、と思われますか? でも、ウソか本当かは誰にもわかりませんし、採用されたのだから、

採用担当者が「向いている」と判断した、というのは、まぎれもなく、事実でしょう。

仕事先で、仕事内容よりも人間関係を優先するのは、仕事で行き詰まったときにも、仲間がいれば一緒になって乗り越えることができる、

それが先輩であれば助けてもらうこともできるし、同期ならわかりあえる、その可能性が高いからです。

仕事って、ビジネスライクなものだと思われがちですが、実はとっても、人間と人間とのコミュニケーションに依拠しているところが大きいもの。

新しい世界を見たいな、仕事を続けたいな、と思うなら、人との関係を大切にすることです。

そうすることで、あなたの何かが変わっていく可能性は高いでしょう。

転職を繰り返すのはダメ?という話はいかがでしたか。自分の心を強くするヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ