生まれる心の葛藤と向き合ってみる

人は誰でも心の葛藤というものが起こります。その葛藤はとても大切なもので、大きな意味をもっているんです。例えばダイエット中に甘いものが食べたくなった時、脳はすぐ「ダメ」って1回判断してくれたりしますよね。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

今日の記事は私が担当させていただきます。

皆さん、雨って好きですか?それとも嫌いですか?

きっと嫌いと答える方の方が多いかなという気はします
(どっちが正解とかはないですよ)

雨が降っていると傘を使わないといけないですよね。

自分が濡れないためのケアが必要になってきますよね。

またはレインコートなどで全身を覆ったりというのもありですね。

雨に濡れたくないからそうするんですよね。

ズブ濡れでバスや電車に乗ったら混雑してたら周りの人に迷惑をかけてしまうからですよね。

または風邪をひきたくないからという理由もあるかもしれません。

これだけ自分にケアしている

人に対する想いも考えている

雨が降っているとこれだけできるのに、心に関することのケアはできていないことありませんか?

〇自分の中にいつのまにかできたルール

雨が降っていたら傘をささなければいけない。

子供の頃から持っていたルールだと思います。

だから当然のように使うし、常識だろうという認識にもなっていると思います。

別にこれはおかしいことではないと思うんです。

ですが心の問題になってくると、

自分だけのルール

何か凝り固まった思い込みだったり、私は○○でなければいけないというようなものってあったりしませんか

もしもそれがあなたを生き辛くさせてしまっているなら手放すことが必要なのかもしれません。

今までそうやって生きてきたんだから今更…

というような葛藤は当然のようにあると思います。

でもそんな中で、自分とのコミュニケーションを取っていただけたら、その悩みや苦しみを軽減できるヒントがあるかもしれません。

実はあなたを守っているものだったりするのです。

ちょっと自分の心と向き合う時間を持ってみてはいかがでしょうか。

天気は曇っていても心は晴れ、そんな気持ちを持てるようになっていただけたらなと思います。

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

心の葛藤と向き合ってみるという話はいかがでしたか。自分の心と上手に付き合うヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ