親が子供にしてあげられること

子供の事を心配し相談してこられる親御さんは多いです。今は特に成人し、社会に出た子を持つ親御さんが多いですね。大切な子供ともなれば気になりますがやってはいけないこともあります。今回はこれについてお伝えします


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて今回は嬉しくなるメールを会員さんからいただきましたのでご紹介します

お子様のためにCD講座を購入いただき

親子で前に進めているというメールをいただきました。

P.N.とっとさんからいただいたメールです。

———-

私がCDを申し込んだのは、息子の引きこもりをなんとかしたいと思ったからです。

おかげさまで、息子はどんどん元気になりつつあります。

私が変わると、子供も変わるんだなぁと実感しています。

私にはヒーローズジャーニーが一番興味深い内容でした。

夢に挑戦を続けることができています。

その姿を息子は毎日見てくれています。

本当にありがとうございました

———–

とっとさん素敵なメールありがとうございました^^

私が変わると子供も変わる、

凄いです。本当におめでとうございます

お子様を心配してご相談してくるお客様は実は多いんですね。

なんとかしてあげたい

親なら当たり前の心理とも言えますよね。

凄く良く分かります。

この相談をしてきた方にはお願いしていることがあるんです。

親子で一緒に取り組んでほしいと。

押し付けるような形にしてしまうと聞かずじまいで終わってしまうなんてこともあり得るからです。

それでは勿体ないですからね。

それにこのCDがきっかけで共通の話題ができて

普段よりも喋れる機会が増えたなんてこともあったりします。

〇子供はあなたではありません

親子、といってもやはり自分とは別の存在です。

こうなってほしい、あぁなってほしい、こう考えてほしい

そういった思いを一方的に押し付けてしまうのが一番ニアミスが起きやすいです。

だからコミュニケーションというのは本当に重要なんですね。

自分の視野が一つ広がるだけで物事の見え方は変わってきます。

そして取れる選択肢も増えてきますよね。

迷ったり、悩んだりすることがあったときは

ぜひお手持ちのCD講座を聞いてヒントを得てみてくださいね

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように♪

親が子供にしてあげられることの話はいかがでしたか。問題を乗り越え自分を成長させるヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ