サンドイッチ症候群で苦しい。克服する方法を教えてください。

仕事で板挟みになり、辛い状態が続き、ついにはサンドイッチ症候群という状態になってしまった。仕事の立場上、板挟みになっている方も多いのでは?今回はそんな状態を克服していくにはどうしたらいいのかお伝えしていきます。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、「サンドイッチ症候群」というものについて、ちょっとご紹介したいと思います。

このようなご相談もいただいていますよ。40代の男性からのご相談です。

「職場で、上司にも色々と言われ、部下にも色々と言われて、板挟み状態でかなりしんどく、精神的に参ってきています。上手な対応方法を教えてください」

とのことでした。

サンドイッチ症候群というのは聞いての通り、AとBとの板挟みになり、あなた一人が辛い思いをするといったような状況のことを言います。

AはAでごもっともなことを言っているだけで罪は無く、BはBの立場からすると、これまたごもっとな話ばかり。

どちらも間違っているというわけではないだけに、否定をすることもできず、かといって肯定をしてどちらかの仲間になったと思われれば、残りの片方が黙っていない。

板挟みになった人は、もうどうしたらいいの~!? ということで、心のバランスを崩してしまう、というわけなのです。

なぜ、サンドイッチ症候群に中年男性が多いのか? ということについては、部下を持ち責任ある立場につく人がこの年代に圧倒的に多いという理由があります。

とはいえ職場内で一番立場が上というわけではないので、この年代の男性が板挟みになる可能性が最も高い、と言うことなのですね。

また、年齢的に、「家庭に思春期の子どもがいる」「妻との関係」「親の介護」「お金の問題」等々、仕事上だけではなく、プライベートでのお悩みを抱えていることも多い年代であると言えるでしょう。

あわせて、サンドイッチ症候群になってしまう理由のひとつに、「性格が真面目」ということが挙げられます。

上司の言うことも部下の言うことも、話半分に聞くということがなく、100%真面目に受け取ってしまうがゆえの、板挟みのお悩み、というわけなのです。

さて、それではこんなサンドイッチ症候群を、克服して行くには、どのような方法を採るのが正しいでしょうか。

〇人間関係を整える

仕事のことで悩んでいると訴える方は多く、その原因のほとんどがコミュニケーション不足だったりするんです。

ただ指示を出すだけ、受けるだけ、間違ったら注意するだけ、またはされるだけ。

お互いに嫌な気分になりやすい状況で仕事をしてしまっている、なんてことが多くあるんですね。

まず見直していただきたいポイントがここなんです。

そして真面目な方が陥りやすい「自分がちゃんとしなきゃ、やらねば」という思考です。

もちろん真面目に仕事に取り組むということは大切なことなのですが、すべてを自分で抱えようとしてしまっていないか、ということなんです。

組織に属しているのですから出来ないことまでやろうとしなくてもいいのです。

そのためにこそ仲間と相談して、どうすれば上手くできるのかと一緒に考えて動くことが大切なんですね。

こういう相談が出来る場があるだけで、職場の雰囲気も良い方向へ変わっていけるのではないでしょうか。

いきなりあれこれと変えるのは大変かもしれません。

もしも仲間との連携が上手くいっていないとしたら、まずは朝の挨拶や、ちょっとした世間話をしてみるというところからスタートしてみるのがいいでしょう。

いい雰囲気で仕事が出来るようになったら、休日は仕事スイッチを切って、今まで以上に休日を楽しめるでしょう。

それも大きなストレス解消になりますよ。

〇家庭環境にも注意

もし、あなたが、サンドイッチ症候群を抱えていたり、あなたの旦那さまがサンドイッチ症候群であるという場合には、

「夫婦関係」あるいは、「家族関係」を甘く見てはいけません。

サンドイッチ症候群のケースでは、家族関係といっても思春期の子どもと父親の関係はどうしても悪化しがち……。

そこで大事なのは妻との関係です。妻と良好な関係が築けている場合は、子どもとの関係もさほどに悪化しない傾向があります。

全く安泰という保証はないですが、思春期の反抗も「ほどほど」のことが多いのです。

妻との関係が冷えている場合は、思春期の子どもの反抗心を煽ることにもなりますし、家庭での立場が良くないと今度はこれがストレスとなり、サンドイッチ症候群を加速させます。

サンドイッチ症候群を早期に解決するためには、家庭が「安らげる場所」「帰りたいと思える場所」であることは非常に重要なのです。

そのためには、奥様が旦那様に冷たく接するのは避けるべきですし、妻に冷たく接されてしまうような生活は、夫として避けるべきです。

家庭で大切にしてもらい、居場所があるということは、サンドイッチ症候群にとってとても重要な「支え」です。

妻側が、快適に家で過ごせるように配慮をすることも必要ですし、夫側が、家で小言などを言われないよう、生活態度をしっかりすることも必要です。

仕事が大変だからと、家に帰ったら毎日ゴロゴロ……というような生活ですと、徐々に家庭での居場所を失ってしまいますよね。

自分も家庭を維持していく一員であること、むしろその中心人物であることを意識して、家事等しっかりやっていくことも、最終的には自分自身のストレス解消になることを覚えておきましょうね。

サンドイッチ症候群の克服についていかがでしたか。ストレスに負けない心を育むヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ