意志決定する勇気の大切さ

何か物事を決める時、勇気が必要になってくると思います。その意思決定の勇気というのはすごく大切なものなんです。今回はドラッカーさんのお話も含め気付いたことをご紹介いたします。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

この前、経営思想家のドラッカーさんの本を読み返していました。
そうしたら以下の様なことが書かれていました。

優先順位の決定には、いくつか重要な原則がある。
全て分析ではなくて勇気に関わるものである。
(中略)
集中とは「真に意味あることは何か」「最も重要なことは何か」という観点から時間と仕事について自ら意思決定する勇気のことである。

おーこれは面白い!と思いました。

ここで面白いのは、分析の天才であるドラッカーさんが、
「大切なのは分析ではなくて勇気」って言っているところですね^^

前に長期間悩まれていたクライアントさんが「色々考えていてもしょうがない。やるっきゃ無い!」とずっと嫌々ながら務めていた会社を辞めて新しい人生に飛び立たれたことがありました。

そうしたら給料が下がったけれど、エネルギーが全然違います♪なんてことを言われていましたが、やっぱり最後はこの「えいっ!」という勇気ですね。

そして必要のないことを捨てる勇気です。
(それは大抵いままでの自分です^^;)

ちなみに、ドラッカーさんは、分析が必要ないということを言っているのではないのですね。

「真に意味あることは何か」「最も重要なことは何か」ということを考えて、それ以外を勇気を持って捨てなさいといっているのですね。

最後の最後は勇気♪そして、やり切る実践がやっぱり大切だなぁってドラッカーさんは改めて思い出させてくれました^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

意志決定の勇気が必要という話はいかがでしたか。自分に自信を取り戻すきっかけになるヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ