最近気分が重いコトが多い。もしかしてうつ病?

うつ病、それは凄く線引きが難しいものです。今はそうでなくてもこれから悪くなってしまう可能性もあります。そのまま放っておいてはけっこう危険です。今からできる対策なんかをしっかりとしていきましょうね。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

最近気分が重い……。
心当たりのある方も、多いかと思います。

こんなご相談、いただいております。30代の女性の方からです。

「最近気分がとても重いです……。ため息が増えて、やる気は全然起きません。うつ病でしょうか?」

うーーむ。難しいご質問です。

このご質問に答えるには、「うつ病」という状態がどのような状態なのか、つまり……どこからが「うつ病」なのか、といったことに、注目しないわけにはいかないと思います。

5月病、とかいう言葉もありますが、「気が重いなー。やる気でねーなあー」くらいの事態であれば、誰もかれもが高校生くらいのときには、たいてい経験済みなのではないでしょうか。

5月病というのは、4月に生活環境や、身辺の人間関係などが変わったりなどして、気が張っていた状態から、数日間の休みを経て急激にやる気が減退してしまう……という状況なわけですが、これはなにもゴールデンウイークがなくても発生しうる状態です。

かといって、5月病に罹る誰でもが、「うつ病」というわけではありません。

要するに「うつ病」であるかどうか、というのは、ものすごくざっくりと分ければ(ものすごくですよ。ものすごく。)、「生活できてるかどうか」というところなんです。

本当に「うつ病」と呼ばなくてはならない状態に陥ると、単に「やる気が出ない」というだけでは足りないような事態が起こります。

何をするにも億劫で、仕事に行くのもイヤだ。

胸がつかえるような感覚。呼吸が苦しい。

何をしても楽しくない。

食欲もないし、味もしない。

とまあ、こんな風に、色々な方面にマイナスの症状が出てくるのが「うつ病」です。

もちろん、これがちょっとのことなら生活を送ることはできるわけですが、これが毎日とか、四六時中とか、いうことになると、なかなか「普通の生活を、普通に」送ることは難しくなるかもしれませんね。

「うつ病かどうか悩んじゃう」くらいの出来事なら、まあ、「病」ではない、ということにしておくのがオススメ。

でも、「うつ病のはしり」だとは言えるので、それなりの対策はしたほうがいい、というよりも、しなくちゃならない。

この「うつ未満」「プレうつ」のところで、適切な生活をすることができるかどうか……というのは、その後の今日の結末を左右してしまうことさえもあるんですね。

〇成功体験を重ねる

うつ病は、サイクル性を持っています。

ひとついやなことが起こると、次のこともうまくいかないような気持ちになり、何をやってもうまくいかないと思い込みはじめ、自分のすべてを否定したくなり……。

この無限のループにはまりこんでしまうと、なかなか回復するのに時間がかかるようになります。

裏を返せば、このループをどこかで断ち切ることで、うつ病、あるいはプレうつからの回復は決して不可能なことではなくなるのです。

本格的に「うつ病」にならなくても、プレうつ状態で既にたいていの人が、「自分はやる気がない。何をやっても、やる気が出ない。それに、どれもできない。ダメなやつだ」と、自己評価を落としてしまっています。

そこで、やる気が出ないレベルのプレうつだからこそ、行っておいていただきたいことがあります。

それは、「できたことに目を向ける」ということ!

これはとても大切なことで、元々、自分が何をできている、何をできていない……と客観的に、それどころか、むしろちょっとばかりナルシスト的に見ることのできる人は、なかなかうつ症状のサイクルにハマることはないのです。

このさいは、多少自分に甘い評価をしても構いませんから、「あれができた」「これができた」と、自分の良いところばかりを見つめる努力をしてみてください。

あれもできない、これもできない……そう思うことが、ため息の原因となるのです。

特に、対人関係を築くのが面倒くさくなる時期。

プレうつになる切っ掛けが対人関係にあるような場合は尚更で、「誰かに何かを言われた」ことが引き金となり、そのまま負のサイクルから抜け出せなくなっている場合では、他人と相対することそのものを恐れるようになってしまうケースもあります。

すると、普通の生活を送ることが困難になり……というのも「うつあるある」。

ですから、このサイクルの深いところにハマってしまう前に、まずあなた自身で、できることを探したり、気の置けない友人に会ったりして、「会えた」「ちゃんと他人と話せた」という、「できた!」を味わってください。

やってみたら、できた。

それを味わうことで、「また次、やってみようかな」という気持ちが起き、やる気になるものです。

コレがなければ、どんどん、どんどん、やる気はなくなっていってしまいます。

「どうせ何をやってもダメ」という考えも、どんどん大きくなるでしょう。

もしもあなたが、まだプレうつ状態でしかないのなら、その先に進まないようにすることが大切なのです。

マイナスの感情に支配されないようにプラスの感情を持っていくことも大切です。

ですがいきなりポジティブになりなさいと言われても難しいでしょう。

プラスに考えられる習慣作りというものが大切になってくるんですね。

これは心の学びというものを通して身についてくるものです。

自分には無理といった、まだ何も始めていないのに、できないという結果を出してしまうクセのある人ほど

本当に重要なものになってきますよ。

心の問題に負けないで、これからを楽しく生きるためにも、心の学びを始めてみてはいかがでしょうか

うつ病の症状とその対策についての話はいかがでしたか。プラスに考えていけるようになるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ