うつ病になってしまう原因とは?予防のために知りたい

うつ病になってしまう原因、実はとっても特定しにくいものなんですね。ただ、そんな中でもストレスが原因になることは多々あります。それに気づかずに心を崩してしまって、元気だったあの人が?みたいなことも起こりうるんですね。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、うつになるかもしれないから心配だよ! というご相談をいただいていますので、ご紹介したいと思います。

40代の女性の方からのご相談ですよ。

「うつ病になってしまう原因って、一体何なんでしょうか? いつ自分がなるかと思うとちょっと……。予防のために、うつの原因を知りたいのですが」

うーん。これは、お気持ちとしてはよくわかりますよね。

うつの症状や、うつ病と診断されることによるマイナスの点を考えると、なりたくはない。

でも、誰しも、うつになる可能性はあるということなので、原因がわかっているなら避けたいという気持ちもあるのが当然です。

〇原因の特定は難しい

ところが、残念ながら「高血圧の原因は、塩分の高い食事!」みたいに、いちがいに原因を特定することができないのが、うつというものです。

一般的には、うつの原因はストレスだ、と言われたりもします。

しかし、自分ではなかなかストレスを感じていると、自覚をしていなかったのに、結局のところうつになってしまった……という人だって、存在しているのが厄介ですね。

うつの原因のひとつにストレスがあるのは、確かなことです。

嫌なことをやり続けて……というパターンや、人から怒られ続けることによるストレスで……というパターンもあります。

やりたくないことを、やり続けなくてはならないのは、もちろんストレスですよね。

やめられるものなら、やめたほうが良いというのが私の意見で、やめられないものはそれほど多くないと思いますから、よく考えてみましょう。

人から色々と言われてストレスがかかり、うつになる……というのも「あるある」で、職場の上司とか近所の人、悪ければ義親や実親、夫や妻というケースも否定はできません。

これも、話し合いをして解決するなら良いですが、自分の心を守らなくてはいけない場合もあるでしょうね。

身近な人やパートナーに相談をしてみたり、誰か間に入ってくれる第三者を介して、直接相手と話し合いを持ったりすると、解決することもありますよ。

うつの原因が、幼少期に存在していることもあります。

幼少期、心に受けた傷を大人になっても癒やすことができないまま持ち続けるケースも多いですが、このようなことと、世渡りのもろもろが組み合わさって、ストレスがかかり、うつ病となっていくことも否定はできません。

心当たりがある場合は、インナーチャイルドを癒やす活動を始めてみるのも、うつ病の予防としては良いでしょう。

うつの原因は、環境の変化にも隠されています。

親しい人が亡くなったり、ペットが亡くなる場合の喪失感。引っ越しや就職、結婚、離婚。妊娠や育児……。どれもが、うつの原因になりうると言えます。

もちろん、こうした環境変化を、人生の中から完全に駆逐することは全く不可能なことで、人はいつか、環境の変化と向き合わなくてはならない局面を迎えます。

人生に何度かは、そうしたことがありますよね。

ですから、あなたがもし、うつを予防しようと思うのなら、環境の変化を駆逐することがその予防法ではないはずです。

それよりも、環境の変化に柔軟に対応していくことのできる、柔らかな心こそ、うつ病を予防する一番の存在であると言えるでしょう。

そのような柔らかさを身につけるために、自分ができることは何なのか。

まあ一概に言うことはできないとは思いますが、私が、個人的に考えていることをご紹介しますね。

〇物事を決めつけすぎないように

それは、「こうでなくてはならない」ということを、ちゃんと決めておかない……ということなんです。

ああしないとならない。こうしないとならない。

そんなふうに決まっていることって、世の中、そうたくさんはないと思うんです。

例えば、ある職場に勤務することが決まった。

あなたは心の中で、一度就職したものなら、どんなに辛くても定年まで退職するのはいけないことだ……と思い込む。

では、その職場がものすごくブラックで、辛いところだったらどうしましょう。

他にも、そんなことたくさんあると思いますよ。

柔軟な心で対応すれば、なんとかなるものを、こうじゃなくちゃイカンと決めつけるあまりに、自分を辛い方向に追い込むということ。

だから、普段から、柔軟な心を持つように心がけるコト。

決めても無駄なことを、こうに決まっていると決めていないかどうか、というコト。

そのあたりを気にしてみると、うつの予防には役に立つのかな、と思います。

もうひとつには、身近な人……主に家族や恋人……と、きちんと信頼関係を築いておくことも、うつの予防には効果的です。

近年では、うつになってから、家族との関係を見直すというようなことも行われているのですが、そもそも悩み事を抱えたときに、相談にのってくれる家族、支えてくれる家族がいれば、うつには罹りにくくなります。

これは同居の家族を指すものだけではなく、別居でもしかり。恋人や、親友といったものも同様ですよ。

悩みを「抱え込む」こと、これがうつには非常におすすめできない状態。

日常的に、家族とどのような関係を築き、どのような会話をしているか。

このことも、気に掛けてみると、うつを予防するひとつの柱となることでしょう!

私たちの心は、たいていの人が丸裸に近い状態だったりします。

だからストレスが直撃して、苦しんでしまったりするんですね。

そんな中、心の学びというものをすることによって、ストレスを緩和したり回避したりすることができるようになってきます。

有名な会社の経営者さん達も多くの方がやはり学ばれています。

強いメンタルが必要にもなったりしますからね。

ダメになってから学ぶよりも、あらかじめ学び、知っておくことで自分と自分の心を守っていくこともできるようになりますよ。

うつ病の原因と対処法についての話はいかがでしたか。視野を広げ柔軟な考えをもてるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ