心の使い方と身体の使い方、この二つは繋がっている

元気出そうと心で思っていても身体の使い方を間違えるとなかなか変われないものです。顔はうつむいて背中も丸まって、なんか下を向きっぱなし。そんな状態で元気出そうと思って出せるでしょうか?また逆にスキップしながら落ち込めますか?


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

皆さん桜って好きですか?春の季節少しの間しか咲いてくれないこの花。

桜を見ていると昔のことをなぜか不思議と思い出します。

あの時は良かったな、あの時は失敗したな

様々な経験が皆様にもあったと思います。

○あの頃は…と昔を美化し現実にがっかりしてた

昔の私は過去は良かったのに今はダメだなと感じた時がけっこうあったんですね。

そう思うたびに自己嫌悪したり、泥沼にはまったようにネガティブになってしまっていました。

今だから気付けることがあります。

そんな気持ちになった時、自分は表情も暗く、体の使い方もどこかダルそうにしていたんです。

声の出し方も覇気がまったくなかったかもしれません。

否定の気持ちが多すぎて、自然とそうなっていたのかもしれません。

こうなっては負のスパイラルまっしぐら。

だからダメだったんだなと改めて思います。

お馴染みの「心と体は繋がっている」

前向きになろうと心のどこかで思っていても、体をそんな風に使っていたらなれるわけなかったんですよね。

そんな中で心の学びを通して、今の段階まで成長することができました。

自問自答の内容が変わってきたんです。

辛いなと感じたら今までは「そうだよね」と落ち込んで終わり

今では辛いなと感じたら「じゃあどうしようか?」とか

マイナスの行動を取りそうになったときに「それをすることによってどうなる?こうしたほうが良くない?」

そんな風に質問がプラスに変化していきました。

自分を成長させていくと周りに与える影響すらも変化させることができます。

人に嫌われないようにしよう、しっかりしよう、といった自分だけに向けた思いから

この人に何をしてあげられるかな?といった視点も持てるようになってくると思います。

人は変われるんです。

本当にそれを実感することがこの仕事を通してできました。

もちろん師である橘の教えというものも、とても大きな学びとなっています

これからもまだまだ成長していきたいなと思いますし、皆さんをもっと応援していきたいなと思います。

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように^^

身体の使い方で心も変わるという話はいかがでしたか。自分を変えて元気になるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ