離婚後したいことは、それは離婚せずには出来ないことですか?

離婚後にしたいことを考えたことはあるでしょうか。本当にそれって離婚しないとできないことですか?それをしたいと相手に伝えたことはありますか?離婚した時のメリット、デメリットをよくよく考えてみてくださいね。


こんにちは。心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

「本当に大嫌い!顔も見たくない!」そう思うことは結婚生活において1度や2度ではないと思います。

私も離婚に至るまで、何度もそう思いました。何度もそう思い、何度も思いとどまりました。

結果的には離婚という形になってしまいましたが、そのことを私は全く後悔はしていません。

それは、一時の感情で離婚を決めたのではないからです。

ここでは私の離婚までの過程をお話ししますね。

○離婚した後ちゃんと生活できるか考えよう

離婚をする場合、特に女性にとってはリスクを伴います。

私の場合、離婚を考え始めたころから体に異変が出始め、声を聞くだけで体が震えるというプチパニック障害のようになってしまいました。

体が受けつけない状態ですね。

ストレスが原因と言われる突発性難聴、胃が真っ白になるほどの急性胃炎、あげくの果てには初期の乳がん・・・。

再発する可能性が0ではない中で、離婚に踏み切ったのにはそれなりの覚悟がありました。

これ以上、自分の体に負担をかけたくなかったのです。

子供たちはもちろん大事なのですが、それと同じくらい自分のことも大事にしたかったのです。

元旦那に初期の乳がんのことを告げず(別居中でした)、抗がん剤治療を一人で乗り越え、手術、放射線治療まで行う中で、その決意は固くなりました。

「我慢するのはやめよう」その決意が私を離婚まで突き動かしたんだと思います。

その一方で、問題となるのが経済的なことです。

私は、元旦那に働くことを反対されていたので、専業主婦でした。

私の場合、離婚を心に決めてからまず探したのが就職口です。

カウンセラーになったのは、離婚後正社員になりお金を貯めて学校に行ったあとです。

幸い人材派遣ですぐに決まりましたが、給料も安く、その上同じタイミングで乳癌発覚!

すぐに首になるかと思いきや、職場の理解もあり治療費を稼ぎながら、お金を貯めること10か月。

辛い時もありましたが、気力で乗り越えました。

その後、快方に向かうにつれ正社員でなければ生活できないという現実に向かい合うことに!

年齢の問題もあり、社会人経験も少ない私にとって職種を選んでいる余裕は正直ありませんでした。

たまたま拾ってくれた企業があり、正社員になることができましたが、もし雇ってもらえなければ離婚をすることはできなかったと思います。

私の経験談を聞いて、あなたはどう思いますか?もう少しうまくやれば・・と思いますか?壮絶だな・・と思いますか?

私の場合はドラマチックすぎる展開かもしれませんが、やはり離婚には相当の覚悟がいるのです。

子供たちの人生を背負う覚悟がなければ、私は離婚はやめた方がよいと思います。

そもそもあなたは、どうして離婚をしたいのですか?

相手を嫌いになったからですか?嫌いなところを10個書いてみて下さい。

・優柔不断なところ
・思いやりのないところ
・自分のことしか考えていないところ
・大きな声をだすところ
・主婦の仕事を馬鹿にしているところ
・わがままなところ
・子供のことを考えていないところ
・自分の趣味を優先するところ
・短気なところ
・自分だけが正しいところ・・

これは離婚を考え始めた私が書いたメモです。10個を書けない人は、一時的な感情のことが多いと思います。

喧嘩や口論をした後ではないでしょうか。まずは、冷静になってみましょう。

次に相手があなたのことをそう思っているであろうことを除外して下さい。半分以上残りますか?

私が消したのは
・自分のことしか考えていないところ
・わがままなところ
の2つ。半分以上は残りました。ここからはじめて離婚を真剣に考えはじめましょう。

半分以上残らない人は、相手もあなたのことをそう思っている可能性があります。

人のことを言う前に自分自身を見つめ直しましょう。

そうすることで、今のギクシャクした関係は改善されるかもしれません。

さらに、あなたが離婚後したいことを書きましょう。私は
・自由になりたい
・毎日の嫌味から解放されたい
・子供たちと笑顔で暮らしたい
・顔色を見ないで暮らしたい

この4つでした。どれもメンタル面に大きく関わることですよね。もし、あなたがここに
・旅行に行きたい
・欲しいものが買いたい
・遊びに行きたい
など、欲望やレジャーに関するものを書いた場合、離婚をしようという思いに一旦「待った」をかけましょう。

旅行は離婚をしないといけませんか?遊びには離婚をしないと出かけられませんか?

遊びに行きたいと言ったことがありますか?

欲しいものは離婚をするともっと買えなくなるかもしれませんよ。

本当にあなたのしたいことは離婚をすることでできるようになりますか?

離婚をしないとできないことですか?慎重に考える必要があります。

離婚をしたいという思いは一時のことかもしれません。

離婚は思ったより簡単に進むかもしれませんが、離婚をすることは、良くも悪くもあなたの人生は大きな影響を与えてしまいます。

それは子供たちに関しても同様のことです。

一度進みだした歯車を止めることはできません。

本当に離婚があなたのメリットになるのか、子供たちの人生にまで責任を持つことができるのか、進める前に時間をかけてじっくり考えて下さい。

離婚後したいこと、それはしないとできないですか?という話はいかがでしたか。人生に関わることです。短慮にならずよく考えてみてくださいね。もう一度仲良しな夫婦に戻るためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ