養育費を相場以上に望まないほうが良い理由とは?

養育費を相場以上に望まないほうがよい。それにはちゃんとした理由があります。それをお伝えします。離婚は考えている以上に結婚より大変で面倒なことが多いです。まだやり直すチャンスがあるのならば考え直すのもいいですよ。


こんにちは。心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

「旦那が大嫌い!こんなひどいこともあんなひどいこともされた。だからなるべく養育費を多く払ってもらいたい!」

そんなふうに考えていませんか?愛情が無くなったから別れる場合が離婚では、ほとんどなのでその気持ちはよくわかります。

まして、旦那さんが浮気をした場合などでは、その気持ちはさらに強くなってしまいますよね。

でも、ちょっと一息入れましょう。

○嫌な現実にちゃんと目を向ける

夫婦の破綻で離婚を迎えたことは、やむを得ないことなのですが、それに子供を巻き込むことは禁物です。

養育費もしかりです。あなたは、旦那さんの年収を知っていますよね。

毎月20万円の給料なのに、10万円の養育費を請求してしまうと離婚後旦那さんは生活できなくなってしまいます。

もちろん、必要以上に遠慮をしておきなさいと言うことではありません。

一般的にどのぐらいの養育費をもらえるのかを知る必要があるのです。ここでは、私がもらった養育費もお教えしますね。

その目安として「養育費算定表」があります。自営業の人は異なるのですが、ここでは給料所得者を例にとり説明をしてみましょう。

旦那さんの年収500万円で奥さんが専業主婦、14歳以下の子供が1人の場合、養育費の相場は4万円から6万円です。

同じ条件で、14歳以下の子供が2人の場合、6万円から8万円になります。

子供の数で単純に2倍になっていないことがわかりますよね。

奥さんがパートなどで一定の収入がある場合、正社員で安定した収入がある場合は養育費の相場は下がってしまいます。

これらの相場を元に、自分の場合はどの程度養育費を請求できるのかを確認しましょう。

ここで、養育費の役割を思い出してみましょう。養育費は、その名前の通り子供を養うためにもらうものです。

小さな子供が大きくなると様々なお金がかかってきます。食費はもちろんですが、もっともお金がかかるのは教育費ではないでしょうか。

小学校から大学まで公立に行った場合でも750万円近くかかると言われています。

子供1人あたりにかかるお金ですから、兄弟が増える場合はその人数分だけかかると予想できますよね。

離婚して1人女性で子供たちを育てあげるのには、経済的にも厳しい面があるのではないでしょうか。それを補うのが養育費なのです。

養育費には、このように単純に経済面を援助するだけではなく、子供の夢の手助けをする、将来において選択肢を増やす意味合いもあるのです。

そのためには、長く払ってもらう必要があります。

少し前までは、高校を卒業する18歳が一つの目安でした。

ですが、大学進学を視野に入れる場合、最低でも20歳、場合によっては22歳とする場合が多いです。

私の場合は、大学入学後、ある程度アルバイトなどで自活できるであろう20歳(大学2年生)を養育費完了の目安にしました。

つまり、長く払ってもらうことが重要になってくるのです。

離婚をする時に、半ばやけになってあなたの条件を飲んでくれたとしても、相場以上の養育費は必ず滞ってきます。

実際に養育費の支払いが行われているのは20パーセントに満たないと言われています。

払われない理由としては、様々なものがあるでしょうがその1つとして相場以上の養育費を請求したことがあげられるでしょう。

「でも、公正証書で強制執行できると定めてあるじゃない?」と考える人もいるでしょう。

しかし、それは相手側に給料所得があり、住所が明確になっている場合であり、強制執行できる財産がなければ得ることはできません。

これらの現状を踏まえ、養育費はやはり相場に沿う必要があると私は思います。

一方、離婚をするにあたり旦那さんのこれからを考える必要はないと思う皆さんもいるでしょう。

ですが、離婚後の人生がこれから長いことは、あなただけではなく、元旦那さんも同じことなのです。

もし、逆の立場で高額な養育費を請求されたら、あなたはどう思いますか?

相手にこれまで以上の嫌悪感を持ってしまうでしょう。「私には私の生活がある!」そう思いませんか?

元旦那さんも同じ気持ちなのです。なるべく高い養育費をもらおうと無駄な争いをするよりも、相場にそった養育費を長くもらう方が賢明だと私は思います。

私がもらっている養育費は、3万円×3人分の9万円です。

15歳の男の子、11歳の女の子、7歳の女の子の3人の子供の親権を取り、相手の年収が500万前後であることを考えると一般的な養育費だと思います。

確かに養育費だけでは生活はできませんが、教育費の足しであると思えば極端に少ない額ではないと思います。

この金額を20歳まで、子供が大きくなるにつれて金額が減ってはいきますが、下の子供の年齢を考えると13年間払い続けてもらうことになります。

このように養育費は、長い期間に渡り、払ってもらうものです。

お互いの生活が行き詰ってしまわないためにも、相手を思いやる気持ちが私は必要だと思います。

必要以上の養育費を望むことは、その場では同意を得ても、長い目で見るとリスクが大きいことをくれぐれも忘れないで下さいね。

養育費を相場以上に望まないほうがいいという話はいかがでしたか。離婚は結婚以上に面倒な事が多いです。もう一度夫婦関係をやり直すためのヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ