夫婦仲が悪い状態を改善する3つの方法とは?

夫婦仲が悪い状態を改善したいという思いを持っている方は実は多くいます。ですがなかなか実現できない。この状態を打破するために持っておきたい考え方や行動についてお伝えしていきます。そして何よりもプラス思考が大事ですよ


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

夫婦は家族であり他人でもある。

数年も結婚生活を送っていれば、良かったはずの夫婦仲がいつのまにか悪くなってしまった! 

なんてトラブルにも遭遇することがあります。

昨今も、そんなご相談で、「結婚当初のような状態に戻るための方法はないでしょうか?」という声をいくつもいただいております。

そこで、今回は悪くなってしまった夫婦仲を改善することができる、3つの方法について、お話していきたいと思います。

最初にお断りしておきますが、私自身、二人の女の子を連れて離婚をした経験があります。

つまり、夫婦仲を改善することに失敗した経験者という訳なのですが(笑)

そこは私自身の経験から、反省も含めた経験談が語られているんだなーと思いながら、お読みいただけると良いと思います。

○面と向かって接しよう

まず、ひとつめの方法ですが、とにかく会話の時間を大切にするということが最低条件として挙げられます。

これにはいろいろな意味があり、まず一つは、世間一般で言われているとおり、夫婦間の会話によるコミュニケーションは大事だという意味でもあります。

そして、もうひとつの大事な意味は、「メールやラインを使いすぎるな」ということなんです!

一昔前ならメール。

そして、ここ数年でスマホが急激に普及して、ラインという新しい通信手段が、もはや主流ともいえる状態になってきていますよね。

すぐ送れて、相手の都合の良いときに見られるということで便利には違いありませんが、一歩間違えると、夫婦の意思疎通を阻害するツールにもなりかねないのが怖いところ。

色々送信できるのに何で? と思うこともあるでしょう。

しかし、気軽に送れるということは、冷静ならそんなこと言わないということも、あっという間に文字になって飛んでいってしまうということです。

取り消しすることはできないし、後から読み返しても腹が立つようなことがどんどん書き込める。

そのようなメッセージが、仕事中にひんぴんと舞い込むようなことがあれば、お互い必要以上の不快感を感じてしまうのです。

スマホを通したコミュニケーションは、夫婦の直接の会話の機会を、悪い意味で奪う可能性が高い。

そういった意味でも、電話機を介さず、仲が悪くても口と口で面と向かってコミュニケーションを取ることを重視していただきたいと思いますね。

○プラス思考は大切

2つめの方法は、毎日をポジティブに送ること。
夫婦仲が冷えこむひとつの原因に、家庭についてネガティブな考えが夫婦お互いの間に根付いてしまうことが挙げられます。

結婚生活は、価値観の違う二人の共同生活ですから、お互いに納得のいかないことなんてごまんとあるのが普通!

相手を責めたくなるのは実に自然の流れで、その誘惑に耐えうるカップルだけが、夫婦円満を維持できるといっても過言ではありません。

既に夫婦仲が悪くなってしまったのなら、相手の悪口を言ったり、ネガティブな雰囲気を作りだしていないか、自己を見直してみてください。

きっと、同僚に妻の愚痴をこぼしていたり、母親に夫の愚痴をこぼしていたり、何かしらネガティブなことをやらかしている可能性が大!

夫婦仲が悪くなったからこそ、修復を望むのであれば、生活のなかに溢れるネガティブ・キャンペーンにハマりこまないよう、注意しなくてはならないのです。

3つめは、本人が思っているよりも大切なことですが、自分自身が婚前のように、色気を忘れないこと!

結婚して3年も経てば、たいていの夫婦はお互い、相手にくつろいだ姿を見せるようになります。

子どもが生まれれば、特に妻は尚更で、自分のことを構う余裕がないために、どんどんボロボロになっていくのが悲しい事実ですよね。

ところが、男性のほうは視覚的に興奮したり、冷めたりする生き物ですから、妻がボロボロになっているのを見て、手伝おうと思うどころか心が離れていくのです。

子どもが生まれて、妻は自分のことを構ってくれなくなった、しかもスッピンでだんだんババアになっていく。

あの日の若くてきれいな妻はどこへ行ったんだ……なんて、口には出さないけど考えている夫はごまんといるもの。

事実、私が今になって最も反省する部分もここで、第二子が生まれて会社を辞めてしまい、上の子も未就園児で家にいて、毎日スッピンでリラックスウエア、スキンケアもオールインワンジェルでおしまい。

疲れてボロボロでそれどころでなかったのも確かだけど、もっとちゃんとキレイにしていたら何かが違っていたかもしれないな、そんな風に思うことは一度や二度ではありません。

まあ、いいんですけどね!

私、離婚して、キレイになりましたから!!(と、意地でも断言しますよー)

だけど、まだ手遅れじゃない、関係を改善したいと考えていらっしゃる方には、少しで良い、子どものことは手抜きをして、アナタがキレイにしてほしいと思うのです。

キレイなママでいることは、巡りめぐって子どものためになる、あなたもそう思いませんか?

夫婦仲が悪い状態を改善させるという話はいかがでしたか。いつまでも仲良しの夫婦でいられる秘訣をもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ