結婚生活に疲れて無気力状態。どうしたらいい?

結婚生活に疲れた…こういう状態に陥ってしまった時に、考えてほしいことがあります。結婚生活はこうあるべきだとか考えていたりしませんか?自分の求める理想と違ってくるとやはりイライラしたりもします。今回は気付いてほしいことをお伝えしていきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、「結婚生活に疲れました……」というご相談をいただいています。こんなご相談です。

「結婚生活も10年以上に及び、徐々に喧嘩が増えて、ため息をつくことも増えました。もう疲れてしまい、無気力状態です。でも、相手のことがキライというわけではないので、元の関係に戻りたい……。どうしたらいいでしょうか」

という、ご相談です。うーん、無気力状態なわけですね。もう、やる気なくなっちゃった! っていうね。

さあ、どうしたら良いでしょうか。

○自分の中にあるルールに気付く

こういう場合って……

心の中に、「結婚生活って、こうしなくてはいけないものだ!」という、結構強めの、固定観念みたいなものがありませんか?

ちょっと、自分の心の中を見つめ直して、問いかけてみてください。

夫とは、仲良くしなくてはいけない。

結婚生活とは、二人手に手をとりあって、なんでも一緒にやらなくてはいけない。

喧嘩は、してはいけないものだ。

あるいは……夫というのは、イクメンじゃなくちゃいけない。家事を手伝わなくてはいけない。

どうでしょう? 結婚生活について、どのようなことを考えていらっしゃるでしょうか?

こんなことを聞いたのは、「こうでなくてはいけない」と思えば思うほど、そこから逸脱した結婚生活を送っていることに対して、イライラするものだからなんです。

人間って怖いですよね。

「理想」というものを、どうしたって持たざるを得ないようにできている。

勝手に期待して、裏切られてはイライラしたり、疲れたりするもの。

喧嘩も、ため息も、基本は期待と、それに裏切られた気持ちから出現してくるものなのです。

今回、相談者の方は「相手が嫌いなわけではないので、元に戻りたいのです」と仰っていますよね。

それなら、おすすめの方法があります。

それはずばり、イライラしないこと。

相手や、結婚生活というものに、期待をかけず、理不尽な理想を押しつけないことです。

結婚生活って、こうでなきゃ。夫って、こうじゃなきゃ。

そのように考えていればいるほど、現実はなかなか、理想どおりにはいきません。

あなたの生活は、喧嘩をするほど理想通りではないにも関わらず、あなたは夫のことをキライではないと言う。

それなら、夫さんは恐らく、あなたに嫌われるほど悪いことをしているわけではないのです。

ただ、あなたの理想のレールに、なかなか乗ってくれないだけなのです。

だったら、そのレールを一度、取り払ってみませんか?

どんなご相談のときも、時々申し上げることなのですが……

あなたは、あなた自身を変えてあげることができますが、他人を変えてあげることはよほどでないとできません。

現状を変えたいのなら、他人を変えるのではなく、自分を変えることが先決です。

例えば今回の場合、妻、つまりあなたと喧嘩になったときには、夫さんは何か理不尽な要求をされている、と感じていることが多い。

なんでオレがそんなことを言われなくちゃならないんだ、というね。

さらに、もっと多いのは、妻が正論を述べている場合です。

言ってることは間違っていないのだけど、とにかくその言うとおりにするのがいやだ。

癪にさわる。言い方に腹が立つから、言うとおりにはしたくない。

このパターンって、本当に多いんですよ。

男性に比べて、女性というのは非常に正論で相手を責めようとする傾向があります。

言ってることは正しいんです。

ただ言い方が気に入らないので、誰が言うことなど聞いてやるものか。そう思っている男性がいかに多いことか。

これが男女逆のパターンでも同じです。

まあ同性同士ということもあると思いますが。

相手が正しいんだけど、なんかムカつく、という経験は誰しも持っているのではないでしょうか。

思春期とかにもありますよね。

親が正しいんだけど、それは分かってるんだけど、とりあえず口答えしてみるんですよね。

半分は理解力の不足もありますが、残りの半分は「理解しているけどイヤダ」という心理が働いてしまうのです。

相手に言うことを聞かせたければ、頭ごなしに命令したり、ため息で主張するのは全く無意味です。

だから、どうしても言うことを聞かせたいということがあるのなら、言い方、話の持っていき方は相当工夫しておかなくてはいけない。

でも、基本的には、やはり相手を変える、相手を自分の思うとおりにさせるというのは、ちょっと難しいコトですよね。

それに、相手のほうだって、「自分のことを認めてくれない相手のことを、どうしてオレが認めてやらなくちゃいけないんだ」と思う。人間ってそういうものです。

相手と喧嘩をして、うまく仲直りしないと、どんどん喧嘩が増えるのって、そういう原理なんですよね。

ですから、まずは「相手を認める」「受け入れる」ことから始めると良いのです。

相手が何を思っているのか、想像し、気を遣ってあげること。

自分の思い通りにしたい……

そればかりを考えているとき、パートナーとの間にどうしても喧嘩は増えます。

あなたが考え方を変え、明るい笑顔で過ごすようになると、不思議と相手のほうも明るくなったり、優しくなったりするものですよ。

結婚生活に疲れたときにできることの話はいかがでしたか。夫婦の問題を乗り越えるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ