危機を乗り越える!産後クライシスの解決法とは?

産後クライシスという問題を解決させる方法は、自分の心の問題だけということではありません。夫への考え方にもあります。最初から夫はあてにならないとか決めつけてしまわないようにしてくださいね。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

突然ですけど、出産って大変ですよね。

女性にとっては一大事です。ところが、男性にとっては、どこかからちっちゃな赤ちゃんがポコンって出てきて、家の中にいる。かわいいけど、面倒は妻が見てくれるもの。そんな存在であることが多いようで、一人で赤ちゃんのお世話をしている妻は日に日に疲弊していき、夫への愛情は冷凍庫の中の保冷剤のよう……。

こんな状態を、名付けて日本では、「産後クライシス」と呼びます。

今回は、そんな産後クライシスにお悩みの女性からのご相談を解説します。いわく、

「出産前は幸せ気分だったのに、出産後はとても幸せなんて言えない気持ちになってしまいました。夫のことがイヤで、そんな気持ちになっている自分のこともとてもイヤです。元の気持ちに戻ることはできますか?」

つまり、産後クライシスを克服して、もとの仲良し夫婦に戻るためにはどうしたらいいのか? ということなんですね。

産後クライシスには、解決法はあるのでしょうか?

一緒に考えてみましょうね。

○この問題はどこにあるのか考える

産後クライシスを解決しようと思うなら、自分の家庭の中で、なにが産後クライシスの原因になっているのかを、よく考えて見ることが必要です。

産後クライシスの原因は色々とありますが、それぞれの家庭の中で少しずつ異なっています。

夫が家事育児を全く手伝わなかったり、手伝うけど的外れだったり、夫だけ飲み会で留守にしたり、友達と遊びに行ったり。

いろんなパターンがあるのですが、共通しているのは、「妻が、夫はアテにならないと感じてしまっている」ということなんですよね。

そして、そのことによって、非常な孤独感を感じている。

この孤独感の解消について、夫に協力をお願いすることができなければ、産後クライシスの解消はなかなか難しいものがあるのです。

ですから、順当に考えて、産後クライシスを最も迅速に解消するものは、夫の正確な理解と協力です。

ただ、これが難しい。

人間は自分を変えるのは比較的簡単ですが、他人を変えるほど難しいことはないわけです。

つまり、夫さんを協力させるように仕向けると同時に、自分があまり夫をアテににしないようにすることも、とても大事なことなんです。

産後クライシスが継続するのは、だいたい2年くらいの間だと言われています。

それがどうしてかというと、子どもが2歳を過ぎると、宇宙人だったものがだいたい、人間に近くなってくる。

え、意味がわからないって……つまりですね、まず人間の言葉を理解するようになってきて、父親と遊ぶことさえもままならなかったものが、遊ぶようになったり、絡むことが可能になってくるのです。

すると、今までは「赤ちゃんの世話は俺にはわからない」とハナからあきらめていた父親も、「これなら俺もできるかも」と思い始めます。

トイレトレーニングが終われば、オムツの処理もなくなるので、トイレに連れて行くくらいのことはできるようになります。

当然、妻のイライラは以前より少しはマシになり、ジャガイモ並だった夫が新人バイトくらいには使えるようになってくる。

褒めるところなんか見つからなかった夫だけど、褒められる部分が生じてくる。

これが産後クライシスの解消の第一歩ですから、逆に言うと「2年ちょっとの辛抱」と認識することで、気持ちが楽になることもあるでしょう。

余談ですが、二人目の育児が一人目に比べて簡単に思えるのがどうしてか、わかりますか?

私は実際に二人の子どもを育てていますが、一人目のときはそりゃあ、大変でした。

「いつまでこれが続くの~??」って思っていました。

でも、二人目の宇宙人(!?)は、比較的心の余裕をもって見守ることができました。

それは、「2~3年もたてばなんとかなる」ことを身をもって体験し、「なんとかなるんだ」と思えたからに他なりません。

少しでも先が見えることで、心の余裕は少し増えます。

また、目の前にいる夫に対して、「2年間は、アテにしない」ことを前提に、「やってくれたらラッキー」という気持ちでいろいろ丸投げしていくことが、あなたの気持ちを取り戻すことにつながるでしょう。

ここで注意したいのが、あくまでも「やってくれたらラッキー」と思いつつ夫にはいろいろとお願いしてみることが大事で、「どうせやってくれない」という気持ちで何も頼まない、最初から自分一人で育児する……というのはダメだってこと。

これをやってしまうと、産後クライシスが解消するどころか、自分の気持ちが戻ってこなくて離婚になることもあるんです。

夫の方も、あきらかに自分が数量外だという疎外感を感じてしまい、家庭に戻れなくなることもあります。

3歳児を育てている私(実はまもなく4歳の誕生日を迎えます)にとって、夫さんって3~4歳レベルなのかな、と思うこともあります。

ただ今年少さんのうちの次女は、幼稚園から帰ってきて、気が向けば着替えてから園服を片付けたり、お弁当箱を園リュックから出しますが、たいていは園服を脱ぎ捨て、お願いしても弁当箱を出してくれません。

残念なのは……

夫って、デッカくてかわいくないんですよねぇ……。

時には私はあなたのママじゃない! と思うこともあるでしょうけれども、「そういう人と結婚しちゃった……」のはあなた自身なので、そこは……頑張りましょうね。

産後クライシスの解決法についての話はいかがでしたか。夫婦関係の問題を解決させるヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ