勝ち組と負け組、本来そこに勝敗はない。

人生勝ち組、負け組。よくそんな比較をすることを聞きますが、本来そこに勝敗はないのです。どういうことかお伝えしていきます。あなたの人生は誰かに敷かれたレールの上だけで完結しないはずですし、人生にテンプレなんてそもそもないですよね


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

日本には、「道」のつくスポーツが沢山あります。
剣道、柔道、etc…

そして、その共通することは、負けた時にもお互いに礼をするところです。

つまり、本当はそれぞれの「道」なので、勝ちも負けも存在しないのですね。

「あなたのおかげで、成長できた」

とお礼を言って次の一歩を歩き始めるのです^^

○物事全てが勝敗ではない

生きていると競争ごとみたいなのが存在すると感じる時があります。

例えば同期との出世争い、誰が最初に結婚するか、財産はいくらかなど。

でも、本来そこに勝ちも負けもありません。

あるのはあなたの道だけです。

そして、そこに勝負があるとしたならば、貴方だけの道、

それをどれだけ究めれるかということだと思います^^

ありがとうございます。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

勝ち組も負け組も本来そこに勝敗はないという話はいかがでしたか。様々な視野を持てるようになるヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ