仕事の失敗で落ち込んでばかり。メンタルの弱い自分を克服する方法とは?

メンタルの弱い自分を克服したい、そういう考えを持っている方は多くいます。どうやったらうまくいくのか、それはある勘違いをしないことだったりします。そして大事なトレーニングがあります。それをお伝えしていきます


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、「仕事の失敗で、落ち込むんです」というご相談をいただきましたので、詳しく見ていきたいと思います。

こんなご相談です、40代の男性の方からです。

「仕事の失敗で、上司や後輩たちから挟み撃ちにされる状態です。
モトはといえば自分の失敗なので落ち込むし、上からは睨まれて、下からはバカにされているような感じさえして、精神的にも疲れてしまい……。
休日は心身ともに疲れて、動けません。メンタルの弱さを克服したいんですが」

うーん……こういうことって、ありますよね。

とにかく、自分の失敗だからにっちもさっちもいかないし、だからといって、もうちょっとフォローしてくれてもいいよねー、という部分もあるし……

ストレスは溜まるし身体は疲れるし、ってね。

会社員あるある、とも言えますが、こうしたことはメンタルの強い弱いというよりも、悪いサイクルの悪循環にハマってしまいやすいことなので、自分自身にこのような傾向がみられたら注意していただきたいとは思うのですが。

やはり、ご自分では「メンタルが弱い」と判断してしまいがちですが、仕事でミスをして痛くもかゆくもない、というのは反対に図々しいにも程がありますでしょ?

仕事で失敗しました、それで落ち込みました、っていうのは普通のことなのです。

上司から冷たい目で見られるのも、まあまあ普通なんです。

だって、部下の失敗は上司の失敗になりますもの。

後輩も、まあ……
ミスのレベルにもよるでしょうけど、ちょっとは目線が冷たくもなるかもしれません。

特に、上司の機嫌が悪くなっちゃったりして、後輩がとばっちりを受けたりした場合には。

つまり皆さんの反応としては、割と普通なわけなんです。

ミスをした本人が落ち込むことも、普通の範疇です。

しかし、ミスをした人としては、ミスをしたことに落ち込むだけじゃなくて、「自分が落ち込んでいることに対して、落ち込む」ということもあるわけで、この40代の相談者さんが陥っているのは、そのようなことなんです。

本人もおそらく、「ミスで落ち込んだのが、長引いてる」と思っていらっしゃいますが、それは本当ではなくて、ミスで落ち込みました、落ち込んでいるオレを見てまた落ち込みました、が真実です。

○勘違いをしないようにする

この場合のメンタルの強さというのは、ミスをしないことでもないし、ミスをして落ち込まないことでも、上司や後輩の視線に負けないことでもありません。

「落ち込んだ自分に浸らない」ってことなんです!

ここを勘違いすると、あなたのメンタルはいつまでも、強くなってくれません。

落ち込みの原因は、上司でも後輩でも、ミスそのものでも、ないですよ。

いいですか。

仕事をしていると時々、ミスすることがある。これは当たり前ですよ。

ミスを減らす努力は必要ですが、ミス皆無ということは絶対にないんです。

アイススケートの選手だって、毎日何時間も、同じことを練習していて、本番でジャンプが成功せず、大コケをすることがあります。

野球の選手だって、毎日バッティング練習はしているのでしょうけれども、ピッチャーが投げた球が必ずヒットになるわけではないですもんね。

反対に、ホームランを打たれないピッチャーもいない。

まして、会社の業務は毎日同じことばかり何時間もしているわけではありません。

ミスすることくらい、あって当然ですよね。

あなたはひととおり落ち込んだ後、挽回を考えなくてはいけないんです。

いかに早くその切り替えをできるかが、メンタルの強さと深く関わっているわけです。

○リフレッシュが大切

では、あなたが休日、何をしているか。

ご相談には、「疲れ果てて動けません」とあります。本当に?

だって、トイレに行きますでしょ? 一応、動けるじゃない。

ゴハンはどうされていますか? もしかして、食べていないかもしれませんね。

それはダメです。

おいしいと思えるものを食べましょう。

味をあまり感じないという状態ならば脳が疲れている証拠です。

別にグルメになれというわけではありませんが、味覚は五感の一つです。

身体で感じる感覚の一つですので、出来ることなら楽しむことがいいですよ。

あと、普段とは違う環境に身を置いてみることです。

身近なところでリラックスできるとしたら

スーパー銭湯に行って、じっくり身体をあたためてリラックスしてみるとか。

広いお風呂で凝り固まった体をほぐしてみる。

思わず「はぁ~」なんて幸せなため息が出る感覚を味わってみるのもいいですよ。

世の中には、お仕事の休みがない! という切実な方もいて、その場合はなんとか休みを取ることから始めなくてはいけませんが、休日があるのなら、疲れ果てて動けないというのはなんとも勿体ないですしね。

開放感を味わい、栄養をたっぷり摂る。
逆転はすべて、ここから始まるものです。

セルフコントロールが出来る人というのは、伸びしろがあるとも言えます。

心の学びというのは何も心の問題をどうにかするためだけにあるわけではありません。

人生では楽しいこともあれば辛いこともあります。

その辛い時期がもしも長引いてしまったり、自分の力不足を感じてしまった時に

自分をコントロール術を知っているかいなかでは大きな違いが出てきます。

ちなみにですが、有名企業の経営者さんや、はてはアメリカ大統領まで心の学びというものは大事にしているんですよ

メンタルの弱い自分を克服していくための話はいかがでしたか。自分の気持ちを上手にコントロールする方法をもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ